初めてのアクセスですか?登録

Tickets purchase
VideoPass purchase

SAG・チーム、シメオンを召集

SAG・チーム、シメオンを召集

成績不振により、ライダーを次々に変更していたストップ・アンド・ゴーは、Moto2クラス4年目に向けて、FTRからカレックスに変更することを決断。ライダーには、スーパーストックで実績を積み、2年間のフル参戦を経験したシメオンを指名した。

ストップ・アンド・ゴー・レーシングは3日、2013年にチャビエル・シメオンを起用することを発表。シャーシをカレックスに変更する。

Moto2クラス1年目にラタパー・ヴィライロー、ベルナト・マルティネス、ルカルド・カルドゥスを起用。2年目は、ヴィライロー、サンティアゴ・エルナンデェス、ラファエレ・デ・ロサ、カルメロ・モラーレス、セルジオ・ガデア、アピワット・ウォンサノン、アレックス・バンドリーニ。3年目は、アンヘル・ロドリゲス、マルコ・コランドレーア、マンセル・シュレッターを召集。

4年目に向けて、最終戦バレンシアGP後のオフィシャルテストで、2年連続してテック3・レーシングから参戦していたベルギー出身のシメオンを召集。マシンの準備が整わなかったことから、ビモータのプロトタイプマシンで数ラップを周回。

14日から2日間、アルバセテ・サーキットでプライベートテストを予定していたが、2日目の午後にスコット・レディングが使用したカレックスで借りて数ラップを周回していた。

「ストップ・アンド・ゴーと一緒に2013年のプロジェクトを立ち上げられたことが嬉しい。カレックスを走らせることでモチベーションが高い。非の打ちどころがないプロフェショナルなファクトリーであることをリザルトが証明している。チームがここ数年の結果により、リザルトに獲得に飢えているから、僕たちの目標達成に向けて全力で働くだろう」と、フル参戦3年目に向けて抱負を語った。

Tags:
Moto2, 2012, Xavier Simeon, SAG Team

Other updates you may be interested in ›