初めてのアクセスですか?登録

Tickets purchase
VideoPass purchase

J.トーレス、初のフル参戦に向けて本格的なテストを開始

J.トーレス、初のフル参戦に向けて本格的なテストを開始

ベストリザルトの獲得、契約更新、スペイン選手権2連覇を達成した後、トーレスが初のフル参戦に向けて本格的なテストを初めて実施。課題克服に着手して、好感触を掴んだ。

マプフレ・アスパル・チームのジョルディ・トーレスは5日、スペイン南部のアルメリア・サーキットで実施した3日間のプライベートテストを終了。好感触を得て、今年の日程を締め括った。

2年連続してシーズン途中からの参戦となった最終戦バレンシアGPで自己最高位となる6位に進出した後、来季の契約を結んでオフィシャルテストに参加。6番手に進出すると、レギュレーションにより、グランプリ開催サーキットでのテストが禁止されていることから、ホームサーキットのリカルド・トルモから南に約450キロ移動。

流れるようなコースレイアウトが特徴な当地で、来季の初フル参戦に向けて、初めて本格的なテストを3日から実施。

初日は、フロントの感触と信頼感を掴むことに専念。2日目は、仕様違いのシャーシを中心にスイングアームとブレーキをテスト。3日目、最終日は、初日に使用したシャーシに戻して、ショートランを繰り返し、3日間で合計161ラップを周回した。

「初日のシャーシに戻して、ラップタイムが良くなった。2日目に見えた方向性で仕事を始めると、最初のコースインでタイムを伸ばすことができた。スロットルを開けた瞬間のグリップを追求。リアショックの硬さを調整して、寝かしたときのグリップと安定感が見つかった。」

「今回のテストに大満足。それに、短い周回数のコースインを繰り返して、非常に安定していたことは、課題のレース序盤の走りに向けて、ポジティブだ」と、手応えのテストとなったことを強調した。

3日目: 1分35秒90 (45ラップ)
2日目: 1分37秒20 (56ラップ)
1日目: 1分37秒70 (60ラップ)

Tags:
Moto2, 2012, Jordi Torres, Mapfre Aspar Team Moto2

Other updates you may be interested in ›