初めてのアクセスですか?登録

Tickets purchase
VideoPass purchase

E.グラナド、新天地のアスパル・チームから初テスト実施

E.グラナド、新天地のアスパル・チームから初テスト実施

アスパル・チームに移籍して、Moto2クラスからMoto3クラスに転向したブラジル人ライダーのグラナドが、初のフル参戦に向けて初テストを実施。乗り換えに専念した。

マプフレ・アスパル・チームのエンリック・グラナドは5日、スペイン南部のアルメリア・サーキットで実施した3日間のプライベートテストを終了。初のフル参戦に向けて、新天地から本格的な始動となった。

Moto2クラスからMoto3クラスへの転向を決断した16歳のブラジル人ライダーは、参戦が発表された3日からMoto3マシンへの乗り換えを開始。1日目と2日目に転倒を喫したが、軽量級マシンへの適応に向けて、KTMエンジンを搭載したカレックスのジオメオリーに集中して、チームメイトのジョナス・フォルガーから3秒差落ちだった。

「3日目はエンジントラブルにより、午後からの走行となった。最後に履いた新しいタイヤが気に入り、タイムが伸びた。このバイクの経験を少し積み、3日間で沢山のことを学んだから満足。順応は完璧だ。これからの時期は、フィジカルトレーニングに専念。次のテストに向けて、体調を整えるために減量しよう」と、初テストを振り返った。

3日目: 1分43秒10 (45ラップ)
2日目: 1分43秒40 (51ラップ)
1日目: 1分45秒30 (47ラップ)

Tags:
Moto3, 2012

Other updates you may be interested in ›