アンブロージョ・レーシング、シューター&FTRを比較テスト

Friday, 7 December 2012

来季、英国出身のウェッブと南アフリカ出身のビンダーを起用するアンブロージョ・レーシングは、ホンダエンジンを使用。車体に関しては、シューターの継続とFTRへの変更を決断するため、アルメリアで2日間の比較テストを実施した。

アンブロージョ・レーシングは4日、Moto3クラス2年目の来季に向けて、シューターとFTRの比較テストを実施するため、3日から2日間、スペイン南部のアルメリア・サーキットでプライベートテストを実施した。

今季、イタリアンチームは、オーラル・エンジニアリングとのコラボに終止符を打ち、第4戦フランスGPからホンダエンジンを搭載したシューターに変更。ギウリアン・ペネードは、14戦中12戦で完走を果たして、ルマンで自己最高の10位に進出。第11戦インディアナポリスGPから起用したアレックス・マルケスは、8戦中4戦でポイント圏内に進出。

来季起用するダニー・ウェッブとブラッド・ビンダーは、シューターとFTRをそれぞれ1日ずつテスト。スペイン選手権の最終戦バレンシア・ラウンドにテストを兼ねて、シューターを走らせて優勝を飾ったビンダーは、そのシューターで1分40秒5を記録すれば、ウェッブは、2台のバイクで1分41秒0を刻んだ。

チームは、ウインターブイレークを利用して、ライダーのフィードバックと収集したデータ、メーカーからの提案を参考に、来季使用するバイクを選択する。

ビデオ:

See all videos for this event

フォトギャラリー:

Open more news

最新ニュース

  • MotoGP™
  • Moto2™
  • Moto3™
Advertising