A.ドビツィオーソ、ヤマハファクトリー入りを主張

Andrea Dovizioso frets over factory Yamaha ride
Wednesday, 1 August 2012

ヤマハファクトリーチームの有力候補の1人として挙げられるドビツィオーソが、サテライトチームからの昇格より、ロッシの復帰説の方が可能性があることを認め、次戦までに決着する可能性がある交渉の進展を注視することを語った。

モンスター・ヤマハ・テック3のアンドレア・ドビツィオーソは、第10戦アメリカGPの決勝レースで、6番グリッドから4位。今季8度目のトップ5入りを果たして、ランク4位を堅守した後、ヤマハ・ファクトリー・レーシング・チーム入りの可能性に関して語った。

ヤマハのファクトリーチームは、第6戦イギリスGP前にホルヘ・ロレンソとの間で2年間の延長契約を更新したことを発表。レースウィークを前には、ベン・スピースが契約更新の交渉を進めていたが、契約満期となる今季末にヤマハからの離脱を自ら発表。

ロレンソのチームメイトとして候補の1人に挙がるランク4位のドビツィオーソは、バレンティーノ・ロッシが復帰する可能性が高いことを認めた上で、サマーブレーク中の進展を注意深く注視することを説明。

「僕が選ばれると思っていたけど、バレンティーノにオプションがあると全てが示している。正確な交渉の内容は知らないけど、何も決定していないことは知っている。ヤマハを選択したとき、ファクトリーチームの1シートを獲得できると思っていたから、ストレンジな状況だ。」

「僕たちはグッドなシーズンを実現している。懸命に働き、4度の表彰台を獲得したけど、それだけでは十分ではないようだ。この2週間でどうなるか様子を見よう」と、心境を語った。

ビデオ:

See all videos for this event

フォトギャラリー:

Open more news

最新ニュース

  • MotoGP™
  • Moto2™
  • Moto3™
Advertising