B.ビンダーがスペイン選手権の最終戦で優勝

Tuesday, 20 November 2012

1年目にランク21位、新人部門ではランク5位に進出した南アフリカ出身のビンダーが、来季所属するWWCからテストを兼ねてスペイン選手権に参戦。シューター‐ホンダに素早く乗り換えて、優勝を飾った。

来季WWCからの参戦が予定されているブラッド・ビンダーは18日、テストを兼ねてスポット参戦したスペイン選手権の最終戦バレンシア・ラウンドで2番グリッドから優勝を飾り、2年目に向けて好発進した。

3年間のレッドブル・ルーキーズ・カップを経験して、今季RW・レーシングからフル参戦デビューを果たした南アフリカ・ポチェフストルーム出身の17歳ビンダーは、11日にアンブロージョ・ネクスト・レーシングの母体、ワールド・ワイド・コミニュケーションと契約を結び、2013年の参戦が決定。

今季最高のパフォーマンスを見せて、自己最高位となる0.431秒差の4位を獲得した最終戦バレンシアGP後、リカルド・トルモ・サーキットに延滞。カレックス‐KTMからシューター‐ホンダに乗り換えると、2番グリッドを獲得。

決勝レースでは、アーサー・シシス、ニコッロ・アントネッリら来季のテストを兼ねて参戦したヤングライダーたちとのバトルを展開したが、安定したラップを刻んで、2011年4月にエストリルで開催されたレッドブル・ルーキーズ・カップ第2戦ポルトガル・ラウンドのレース1以来となる優勝を飾った。

「1位でシーズンを締め括れるのは最高だ。素晴らしい週末にしてくれたチームに感謝した。家族と友人たちと一緒に祝勝会がしたいから、帰国便が待ちきれない。チームは僕に大きな期待を寄せているから、グレートなリザルトを獲得するために一生懸命に働きたい」と、2年目の来季に向けて抱負を語った。

ビデオ:

See all videos for this event

フォトギャラリー:

Open more news

最新ニュース

  • MotoGP™
  • Moto2™
  • Moto3™
Advertising