スペイン選手権にグランプリライダーたちが集結

Saturday, 17 November 2012

今季初参戦したシシス、アントネッリ、ビンダー、藤井を筆頭に、来季グランプリに参戦予定の王者マルケス、ランク2位のアマト、ランク3位のバグナイア、ランク4位のグエバラ、ランク5位のマックフィー、ランク7位のエッテル、ランク8位の渡辺らがグランプリのサーキットで上位進出を狙う。

スペイン選手権の最終戦バレンシア・ラウンドは今週末、バレンシアのリカルド・トルモ・サーキットで開催。今季グランプリに参戦したルーキーライダーや来季の参戦を目指すヤングライダーたちが参戦する。

今季新人王部門でランク3位に進出したレッドブル・KTM・アジョ・モータースポーツのアーサー・シシス(オーストラリア)は、アルバセテ・サーキットで2日間のテストを実施した後、昨年に引き続き2度目の参戦。

最終戦バレンシアGPで13位に入り、来季ゴー・アンド・ファン・ホンダ・グレシーニから継続参戦するニッコロ・アントネッリ(イタリア)、今季初めて優勝争いを展開して自己最高位となる4位に入り、来季WWCに移籍するブラッド・ビンダー(南アフリカ)、今季テクノマグ‐CIP‐TSRから初参戦した藤井謙汰も来季の活動先を視野に入れてスポット参加。

サマーブレーク明けにアンブロージョ・ネクスト・レーシングから参戦を開始したアレックス・マルケス(スペイン)は、前戦でタイトルを獲得。来季モンラウ・コンペティション(活動名:チーム・エステレージャ・ガルシア・0.0)からのフル参戦を前に今季3勝目を目指す。

マプフレ・アスパル・チームから途中参戦したルカ・アマト(ドイツ)は、ランク2位を維持して、来季のシート確保に挑めば、チーム・イタリア・FMIからの参戦が決定したフランセスコ・バグナイア(イタリア)は、1ポイント差に詰まったランク2位の逆転を狙う。

CIP・レーシングからの参戦が発表されたランク4位のフアンフラン・グエバラ(スペイン)、レーシング・チーム・ジャーマニーからの参戦が予定されるランク5位のジョン・マックフィー(イギリス)は、TT・モーション・イベント・レーシングから世界に挑戦するランク7位のフィリップ・エッテル(ドイツ)は上位進出を目指す。

レッドブル・ルーキーズ・カップを経由してマーク・VDS・レーシングからグランプリに進出するリビオ・ロイは、テストを兼ねてスポット参戦。

来季の世界進出に向けて交渉を進めるランク8位の渡辺陽向、ランク9位のロレンソ・サルダッサッリ、ランク17位のアナ・カラスコ、ランク26位のマリア・エレーラ、ヨーロッパ選手権とイタリア選手権を制したケビン・カリアは、グランプリサーキットで存在感を見せたいところ。

当サイトでは、決勝レースのハイライトビデオを週明けに無料で提供する。

TAGS 2012

ビデオ:

See all videos for this event

フォトギャラリー:

Open more news

最新ニュース

  • MotoGP™
  • Moto2™
  • Moto3™
Advertising