CRT勢の合同テストがモーターランド・アラゴンで開始

Thursday, 8 March 2012

今年3度目となるCRT勢の合同テストが、バレンシア、ヘレスに続き、アラゴンで開催。3チーム5人が参加したが、風速60キロの強風がサーキットを吹き抜けたことから、走行が見送られた。

CRTクレイミング・ルール・チームの合同テストは8日、第14戦アラゴンGPの舞台となるモーターランド・アラゴンで行われ、3チーム5人が2日間のテストを開始した。

2月20日から3日間、ヘレス・サーキットでCRT勢の合同テストに参加したパワー・エレクトロニクス・アスパル・チームのランディ・ド・プニエとアレックス・エスパルガロ、ポール・バード・モータースポーツのジェームス・エリソン、28日から3日間、セパン・インターナショナル・サーキットで開催されたオフィシャルテストに参加したアビンティア・レーシングのヨニー・エルナンデェスとイバン・シルバが参加。

気温12度。路面温度12度。ドライコンディションの中、12時過ぎにエリソンが最初にコースインしたが、強風のため、直ぐにボックスに帰還。シルバは12時30分にコースインしたが、僅か3ラップで切り上げた。

パワー・エレクトロニクス・アスパル・チームは、走行を見送ったが、午前中にニューカラーを初披露。ド・プニエとエスパルガロが、新しいデザインのツナギで写真撮影を行った。

イオダ・レーシングは、バレンシアとヘレスで収集したデータを参考に、23日からのオフィシャルテストでシェイクダウンを予定する2号車を製造していることから今回の参加を欠場。

スピードマスターのマティア・パシーニ、サンカルロ・ホンダ・グレシーニのミケーレ・ピロは、テストを見送り、NGM・モービル・フォワード・レーシングは、予定通りにオフィシャルテストに参加する。

TAGS 2012

フォトギャラリー:

Open more news

最新ニュース

  • MotoGP™
  • Moto2™
  • Moto3™
Advertising