C.クラッチローがキャリア初表彰台を奪取

Monday, 27 August 2012

来季の契約を更新したばかりのクラッチローが、自己最高位のスターティンググリッドから3番手を単独走行。英国人としては、マクウィリアムス以来205戦ぶりに表彰台を獲得した。

モンスター・ヤマハ・テック3のカル・クラッチローは、第12戦チェコGPの決勝レースで、2番グリッドから3位に入り、初表彰台を獲得した。

昨年11番グリッドから転倒リタイヤを喫したブルノ・サーキットに戻って来た26歳の英国人ライダーは、フリー走行1から4番手、4番手、5番手に進出した後、公式予選で自己最高位の2位に進出。

ウェットのフリー走行では7番手に後退したが、今季4度目の1列目から1分56秒後半から57秒前半のリズムで3番手を単独走行。キャリア27戦目で初めてトップ3に進出し、英国人としては、2000年7月の第9戦イギリスGPでジェレミー・マクウィリアムス以来となる表彰台を獲得した。

「MotoGPで初めての表彰台。ファンタスティックだ。週末は完璧だった。チームと契約を更新して、公式予選でベストリザルトを獲得。そして、表彰台を獲得したから、本当に最高だ。これが僕を信頼してくれたチームに対して、少しでも恩返しとなることを願う。」

「レースは簡単ではなかった。ほとんど1人で走ったから、集中力が試された。英国人として12年ぶりに表彰台を獲得したことを誇りに思う」と、表彰台で胸を張った。

ビデオ:

See all videos for this event

フォトギャラリー:

Open more news

最新ニュース

  • MotoGP™
  • Moto2™
  • Moto3™
Advertising