FTRに乗り換えたバスケスとアントネッリが5位争い

Friday, 11 May 2012

開幕戦後にFTR車への乗り換えを決断したベテランのバスケスとルーキーのアントネッリが5位争いを展開。今後に向けて、収穫と自信を掴んだ。

JHK‐Tシャツ・ラグリッセのエフレン・バスケスとサンカルロ・グレシーニ・Moto3のニッコロ・アントネッリは、第3戦ポルトガルGPの決勝レースで、今季最高位となる5位と6位を獲得した。

今季から初参戦するスパニッシュチームと3チーム目を投入したイタリアンチームは、開幕戦後、車体をホンダのNSF250RからFTRのM311に変更することを決断。

初走行となった第2戦スペインGPは、週末悪天候に見舞われ、決勝レースではバスケスとチームメイトのアドリアン・マルティが転倒リタイヤを喫したが、アントネッリは8位に入り、初ポイントを獲得。

3戦目は、トラックの一部が濡れていたが、ドライコンディションで周回を重ねることができ、公式予選で3人が揃って今季のベストグリッドに進出。

決勝レースでは、8番グリッドのバスケスと12番グリッドのアントネッリが、中盤からバトルを展開。0.042秒差でベテランがルーキーに競り勝った。

「プレシーズンとカタールを考えれば、グッドなリザルトだ。5位は今年希望するポジションではないけど、このバイクで2レース目だから、僕たちが良い仕事をしていることの証明となる。まだ思うように走らせることができないけど、このバイクで100ラップを走って、5位は悪くない」と、バスケスは手応えを強調。

「ナイスなレースだった。トップグループで走れてすごく楽しかった。まだセッティングが完璧ではないから、タイヤが消耗してから厳しかったけど、5位争いができたことはナイスだ。まだこのバイクで2レース。ドライで週末を走れたのは今回が初めてから、パフォーマンスに満足」と、アントネッリは喜んだ。

マルティンは、メカニカルトラブルにより、ピットレーンからのスタートを強いられた後、ウォームアップ走行の転倒による左手と左膝の激痛に耐えきれず、リタイヤを決断した。

ビデオ:

See all videos for this event

フォトギャラリー:

Open more news

最新ニュース

  • MotoGP™
  • Moto2™
  • Moto3™
続きを読む »
Advertising