E.ラバット、新天地で好調のパフォーマンス

Moto2™ is powered by
Thursday, 23 February 2012

Moto2クラス1年目の走りが評価され、新天地に移籍したラバットが、スムーズな適応でカレックスに乗り換え、ステップ・バイ・ステップでトップとのタイムギャップを詰めてきた。

ポンス・40・HP・トゥエンティのエステベ・ラバットは、ヘレス・サーキットで開催された今年2度目のオフィシャルテストで総合7番手に入る好走を見せた。

昨年11月、新天地に移籍して、バレンシアとヘレスで合計4日間のプライベートテストを実施。FTRからカレックスへの乗り換えを無難にこなすと、今年初テストではトップからコンマ9秒差の8番手に進出。

2度目のテストでも安定してトップ10以内を維持すると、最終日は1分43秒台を突破。コンマ6秒差の7番手に浮上した。

「1分42秒台に進出できて、すごく嬉しい。一度も記録したことがないラップタイムだ。3日間を通じて、セッティングが整い、バイクの信頼感が高まったけど、高速コーナーでフロントの安定感がない。次のテストでは、何とか仕上げたい。」

ポンス・40・HP・トゥエンティは、3月19日から3日間、当地で開催されるオフィシャルテストに参加。ラバットは、Moto2クラス2年目の開幕戦に向けて、課題に取り組む。

3日目: 1分42秒8
2日目: 1分43秒1
1日目: 1分43秒2

テストベストラップ: 1分42秒2
サーキットベストラップ: 1分42秒706

ビデオ:

See all videos for this event

フォトギャラリー:

Open more news

最新ニュース

  • MotoGP™
  • Moto2™
  • Moto3™
Advertising