H.バルベラ:「テストの結論としてはとても良かった」

Monday, 3 December 2012

テスト禁止期間を前にプライベートテストを実行したバルベラは、最終日こそトラックコンディション不良により走行を回避したが、2日間ドライで走れ、来季に向けて好感触を掴んだ。

アビンティア・ブルセンスのエクトル・バルベラは、28日から3日間、第3戦スペインGPの舞台となるヘレス・サーキットでプライベートテストを実施。4.4レース分の121ラップを周回した。

最終戦バレンシアGPのオフィシャルテストに引き続き、2度目のテストとなった今回は、初日からドライコンディションに見舞われ、7ヶ月前の第2戦スペインGP公式予選でヨニー・エルナンデェスが17番手、CRT勢で5番手に進出した記録(1分44秒467)を大きく更新。

2日目は、チャタリングの問題解決に取り組んだ後、来季もコラボを結成するインモテックに乗り換え、エンジニアたちに第一印象を説明。

3日目は、朝方の雨により、路面が濡れ、気温が上がらず、冷え込んだ気象状況だったことから、走行を見送ったが、「重要なテストになった」と、総括した。

「バレンシアではドライで走れず、ここでは2日間完全ドライを最大限に活かした。最終日に雨が降ってしまい、テストを完了できなかったのは残念だけど、テストの結論としてはとても良かった。」

「初日にセッティングの仕事を進め、2日目に反映して、チャタリングが激しかったけど、タイムが伸びた。3日目は他のシャーシを試す予定だったけど、雨でできなかった。」

「メカニックたちとの結束は良い。これはグッドなシーズンを実現するには非常に大切なことだから嬉しい。これから少し休んで、クリスマスを祝って、来シーズンに向けて完璧な準備を整えるために仕事に戻ろう」と、最高峰クラス4年目に向けて抱負を語った。

2日目: 1分42秒507 (60ラップ)
1日目: 1分42秒900 (61ラップ)

サーキットレコードラップ‐D.ペドロサ: 1分39秒731 (2010年)
サーキットベストラップ‐J.ロレンソ: 1分38秒189 (2008年)
2012年ポールポジションタイム‐J.ロレンソ: 1分39秒532
2012年CRTベストタイム‐R.ドプニエ: 1分41秒700

ビデオ:

See all videos for this event

フォトギャラリー:

Open more news

最新ニュース

  • MotoGP™
  • Moto2™
  • Moto3™
続きを読む »
Advertising