JHK・Tシャツ・ラグリッセ、FTRに変更を決断

Monday, 16 April 2012

ホンダ勢の最高位に進出したバスケスが所属する新規参戦のチーム・ラグリッセが、車体をFTRに変更することを決断。ホームレースとなる次戦から投入する。

新規参戦のスパニッシュチーム、JHK・Tシャツ・ラグリッセは、開幕戦カタールGP後、ホンダNSF250Rから車体をFTRに変更することを決断。ホームレースとなる次戦スペインGPから投入する。

スペイン選手権で実績を積み、グランプリ初参戦に向けて、エフレン・バスケスとアドリアン・マルティンを起用。ホンダNSF250Rを使用して、3度のオフィシャルテストに参加。

3度目のテストでは、HRCからキットエンジンが届き、加速が改良されたことを確認したが、チームマネージャーのハイメ・フェルナンデェス‐アビレスは、上位進出の可能性を追求して、レースウィーク中に各メーカーと接触。

優勝争いを展開したマーベリック・ビニャーレスとロマーノ・フェナティ、コラボを結成するアンダルシア・JHK・ラグレッセのイバン・モレノが、FTRの車体を使用することが選択の決め手となった。

ホンダ勢の最高位16位に進出したバスケスと20位だったマルティンは、ヘレス・サーキットで開催される次戦スペインGPで、ホンダエンジンを搭載するFTR車を走らせる。

ビデオ:

See all videos for this event

フォトギャラリー:

Open more news

最新ニュース

  • MotoGP™
  • Moto2™
  • Moto3™
続きを読む »
Advertising