J.ロレンソ、二輪車免許取得に向けて教習所に入校

Lorenzo prepares for bike license test
Tuesday, 7 February 2012

史上最年少記録を次々に塗り替えてきたロレンソが、二輪免許を取得するため、バルセロナ市内の教習所に通い始めた。

ヤマハ・ファクトリー・レーシング・チームのホルヘ・ロレンソは、今年初テストとなったオフィシャルテスト後、活動の拠点であるバルセロナに戻ってから、二輪免許を取得するため、毎日市内の教習所に通っている。

史上最年少となる15歳と2日でレースデビューを飾るなど、数々の最年少記録を更新した24歳のスペイン人ライダーは、1月中旬、学科試験に合格したことをソーシャルネットワークで発表。現在は、数日後に控えた技能試験に向け、フィジカルトレーニングの合間を縫って、教習所に通い、ヤマハYBR250ccを走らせている。

「18歳のときに四輪普通免許を取得。レースには二輪免許の所有が義務付けでないこともあり、今までは二輪免許の必要性がなかったけど、ツーリングをするには免許が必要だから、講習を受け始めた。」

「指導員のハビは、この世界で唯一僕にゆっくり走れと指導する。試験に合格するためには、彼の言う通りにしないと。いつも可能な限り速く走るように努めてきたけど、今までに一度目も遅く走るようにバイクに乗ったことがなかった。サーキットでは速く、路上では上手く走れるように、切り替えるだけ。簡単なことだ」と、語った。

TAGS 2012

ビデオ:

See all videos for this event

最新ニュース

  • MotoGP™
  • Moto2™
  • Moto3™
Advertising