M.マルケス:「ヘレスはタフで重要なレースだ」

Moto2™ is powered by
Friday, 20 April 2012

開幕戦の勝者マルケスが個人スポンサーの就任発表会で、来週からの2連戦に向けて抱負を語るとともに、ルティとのアクションに関して振り返った。

チーム・カタルーニャ・カイシャ・レプソルのマルク・マルケスは18日、バルセロナ市内のレストランで行われた個人スポンサーの就任会見に出席。ホームレースとなる次戦スペインGPへの抱負を語った。

開幕戦カタールGPで優勝を飾った19歳のスペイン人ライダーは、ヨーロッパのトップブランドとして知られるスペインの腕時計メーカー、フェスティナ・グループの1ブランド、ロータスから最高峰クラス参戦を視野に入れた3年間の支援が受けることになり、来週のホームレースを前に、マルケスモデルのコレクションを発表。

昨年転倒により、連続0ポイントだったヘレス、エストリルの2連戦を前に、「昨年の経験を活かしたい。ミスを犯すことができない、と言うのではなく、ただ単に経験を活かすことにトライするだけ。カタールでは上手く行ったけど、ヘレスではゼロからのスタート。エストリルも。シーズンは長く、まだ始まったばかり。辛抱強く行く必要がある」と、1戦1戦に挑戦して行く姿勢を見せた。

トーマス・ルティとのバトルを演じて、優勝したオープニングレースに関しては、「優勝は重要だった。チーム全員に自信を注入できたけど、今はヘレスにことを考える。タフで重要なレースになるだろう。」

「誰とも悪い誤解を持ちたくない。それに、同じメーカーのバイクを走らせる。彼は理解してくれたと思う。あれは熱くなったアクションで、ヘレスでは通常の状態に戻るけど、Moto2クラスのラストラップは、みんなが勝ちに行くから、常に多くのバトルが繰り広げられる」と、振り返った。

フォトギャラリー:

Open more news

最新ニュース

  • MotoGP™
  • Moto2™
  • Moto3™
Advertising