第2戦スペインGP:Moto2™クラスプレビュー

Moto2™ is powered by
Monday, 23 April 2012

ヘレス最多7勝のスペイン勢の筆頭は、ポイントリーダーのマルケスとエスパルガロ。開幕戦とテスト、過去のレースに好パフォーマンスを見せたイアンノーネ、ルティ、コルシ、コルティらが地元勢に挑戦。高橋は得意のトラックで流れを変えに行く。

第2戦スペインGPは、27日にヘレス・サーキットで開幕。29日に決勝レースが行われ、マルク・マルケスがポイントリーダーとして登場する。

プレシーズンの走り込み不足を心配していたマルケスだったが、参戦5年目で初めてオープニングラップで優勝。初めて参加した3度目のオフィシャルテストで総合5番手に入り、2年連続して転倒、一昨年の3位が最高位のホームトラックに、自信を持って乗り込む。

2年連続の開幕戦2位を獲得したアンドレア・イアンノーネは、1ヶ月前に開催された3度目のテストから本格的にオリジナルマシンの走行を開始。チームメイトのマイク・ディ・メッリオが7位に進出したことから、昨年独走優勝したトラックでのパフォーマンスに注目が集まる。

オフィシャルテストで上位を進出したカレックス勢の中で、開幕戦で優勝争いを展開したポル・エスパルガロとエステベ・ラバットは、シーズンへの自信を深め、ホームレースに挑戦。

そのカレックス勢では、当地で開催された2度のテストで上位に進出したスコット・レディング、ミカ・カリオ、クラウディオ・コルティ、中上貴晶は、予選のレース序盤の走りが課題となる。コルティは、2連続の1番時計を記録しただけでなく、ロングランでは最速リズムを刻んでいた。

シューター勢では、トーマス・ルティが3度目のテストで総合2番手に進出。開幕戦ではポールポジションから優勝争いを展開。2年連続して表彰台を獲得したトラックで、前戦の欲求不満を晴らしたいところ。

開幕戦で19位だった高橋裕紀は、一時帰国してリフレッシュ。2年連続して好走を見せた舞台で、車体交換などでつまずいた流れを変えに行く。

TAGS 2012

ビデオ:

See all videos for this event

フォトギャラリー:

Open more news

最新ニュース

  • MotoGP™
  • Moto2™
  • Moto3™
Advertising