第15戦日本GP:MotoGP™クラスプレビュー

MotoGP Preview Motoegi
Monday, 8 October 2012

欧州を離れ、環太平洋3連戦の緒戦となる日本ラウンドが今週末にツインリンクもてぎで開催。ロレンソとペドロサのタイトル争いに、負傷から復帰する現王者ストーナー、好調ドビツィオーソ、戦闘力が上がって来たロッシに注目。中須賀がワイルドカードとしてホームレースに挑戦する。

第15戦日本GPは12日、ツインリンクもてぎで開幕。14日に決勝レースを迎え、ホルヘ・ロレンソがポイントリーダーとして登場する。

第4戦フランスGPでランク1位に返り咲いてから、11戦連続してポジションを堅守するロレンソは、前戦アラゴンGPで7戦連続13度目のトップ2入りを達成して、ミック・ドゥーハンに並び、歴代11人目、現役では3人目となる通算95度目の表彰台を獲得。昨年は2番グリッドから2位、2009年に優勝を飾った当地に挑む。

33ポイント差のランク2位、ダニ・ペドロサは、前戦で今季4勝目、サマーブレーク明けから3勝目を挙げ、歴代12人目の42勝目に到達。昨年独走優勝したトラックで、ポイント差を詰めに行く。

104ポイント差のランク3位に後退したケーシー・ストーナーは、第11戦インディアナポリスGPの公式予選で負傷した右足首が順調に回復したことから、4戦ぶりの復帰を決断。昨年は3位だったが、2年前には優勝を飾り、5年前には初タイトル獲得を決めた舞台に乗り込む。

ランク4位のアンドレア・ドビツィオーソは、前戦で今季6度目の3位表彰台を獲得して、ランク3位に7ポイント差に接近。昨年5位、2年前に2位に進出したストップ&ゴーのサーキットに挑戦する。

注目のランク5位を展開するのは、カル・クラッチロー、バレンティーノ・ロッシ、アルバロ・バウティスタ、ステファン・ブラドルの4人。3連戦の緒戦で弾みをつけたいところ。来季の就任先が気になるバウティスタとエクトル・バルベラの動向に注目が集まる。

CRT勢では、来季の継続参戦が決定して、CRT勢の最高位を狙うランディ・ド・プニエとアレックス・エスパルガロが中心。ロベルト・ロルフォが最高峰クラスに復帰。イバン・シルバに再びチャンスが巡って来た。

ヤマハのテストライダーを務める中須賀克行は、ワイルドカードとしてグランプリ通算4度目の挑戦。昨年の最終戦バレンシアGPでは6位に進出する好走を見せていたことから、地元ファンの期待が高まる。

TAGS Japan

ビデオ:

See all videos for this event

フォトギャラリー:

Open more news

最新ニュース

  • MotoGP™
  • Moto2™
  • Moto3™
Advertising