オフィシャルテスト:2013年シーズンが雨のバレンシアで開幕

MotoGP test day1 valencia
Tuesday, 13 November 2012

多くのファンがサーキットに駆けつけ、多くのメディアの注目が集まった中、ロッシがヤマハに復帰。ドビツィオーソがドゥカティから、青山とバルベラがアビンティ・ブルセンスからテストを開始すれば、タイトル争いの主役を演じたロレンソとペドロサは走行をキャンセル。Moto2クラス王者マルケスは、天候不良から初走行を見送った。

最高峰クラスのオフィシャルテストは13日、リカルド・トルモ・サーキットで開幕。アルバロ・バウティスタがトップタイムをマークした。

断続的な小雨が降るウェットコンディションの中、ランク6位のバレンティーノ・ロッシは、古巣のヤマハ・ファクトリー・レーシング・チームに復帰。多くのファンがサーキットに駆けつけ、多くのメディアの注目が集まった中、10時過ぎに1000ccのM1を初走行。合計28ラップを周回した。

2012年王者のホルヘ・ロレンソは、ボックス内でトラックコンディションの回復を待ったが、コースインを断念。

ヤマハ・ファクトリー・レーシング・チームは、気象状況を考慮して、16時に当地でのテストを終了。14日にモーターランド・アラゴンでテストを実行することを決断して、約260キロを北上することとなった。

今季チーム部門の連覇に成功したレプソル・ホンダに所属するランク2位のダニ・ペドロサとMoto2クラス王者のマルク・マルケスは、走行をキャンセル。明日の天候回復を待つこととなった。

モンスター・ヤマハ・テック3の英国人コンビ、カル・クラッチローとブラドリー・スミスも走行を回避。

最終戦でランク5位を確保したアルバロ・バウティスタは、ハーフウェットなコンディションの中で5ラップを走行して、1分35秒939の1番時計を記録。CRTを走らせるチームメイトは、まだ決まっていない。

新人王のステファン・ブラドルも5ラップを走行して、0.262秒差の2番手。2013年型マシンの本格的なテストは明日以降に持ち越しとなった。

ランク4位のアンドレア・ドビツィオーソは、新天地ドゥカティ・チームから登場。41ラップを走行して3.932秒差の3番手に進出すれば、チームメイトのニッキー・ヘイデンは、30ラップを走行した。

ドゥカティのサテライトチーム、プラマック・レーシングは、Moto2クラスから昇格してきたアンドレア・イアンノーネは4度のコースインで40ラップを走行すれば、ドゥカティのテストライダーに就任したミケーレ・ピロが、ベン・スピースの負傷代役として参加。

CRT勢の最高位は、青山博一。インター・ウェッテン・ホンダ時代にコンビを組んだチーフクルーのトム・ジョジックを迎え、朝一番の2ラップ目に4番時計を記録。3ラップ目に10コーナーでハイサイドから転倒を喫したが、大事には至らず、合計31ラップを走行した。

チームメイトとなるエクトル・バルベラは、ドゥカティのデスモセディチからCRTのFTRに乗り換え、参加者最多の42ラップを周回した。

今季CRTのトップ争いを展開したパワー・エレクトロニクス・アスパル・チームのアレックス・エスパルガロとランディ・ド・プニエは、ARTのニューマシンを投入すれば、カルディオン・AB・モーターレーシングのカレル・アブラハムは、ドゥカティからARTに変更。ポール・バート・モータースポーツは、シェーン・バーンがテストを予定していたが、走行を見送った。

NGM・モバイル・フォワード・レーシングは、コーリン・エドワーズのチームメイトにクラウディオ・コルティを迎え入れ、シューターとFTRを乗り比べた。

TAGS 2013

ビデオ:

See all videos for this event

フォトギャラリー:

Open more news

最新ニュース

  • MotoGP™
  • Moto2™
  • Moto3™
続きを読む »
Advertising