P.エストガロ、リスクを覚悟した決断で中量級初優勝

Moto2™ is powered by
Monday, 30 April 2012

雨が降り始めたとき、リスクを覚悟した勇敢な決断が功を奏して、地元ヘレスでMoto2クラスの初優勝を飾ったエスパルガロが、ランク2位に浮上。目標のタイトル獲得に向けて、大きく前進した。

ポンス・40・HP・トゥエンティのポル・エスパルガロは、第2戦スペインGPの決勝レースで3番グリッドから優勝。2戦連続の表彰台を獲得して、ポイントリーダーから4ポイント差のランク2位に浮上した。

FTRからカレックスに乗り換えてから、テストで快走を見せると、開幕戦で4番グリッドから3位を獲得。2年目のシーズンに向けて好発進すると、ウェットで行われたフリー走行では1.2秒差の総合7番手だったが、ドライの公式予選で3番手に進出。

決勝レースでは、トップグループに後ろで様子を見ていたが、雨が降り始めると、スコット・レディングが後退。赤旗が何時振られてもおかしくない状態だったから、前に出ることを決断すると、17ラップ目に初めてトップに飛び出したが、18ラップ目にマルク・マルケスに抜か、2番手に後退。

レースディレクションは、18ラップ目に赤旗を提示。周回が完了した前のラップが順位に適応され、そのラップがレース距離(26ラップ)の2分3をクリアーしていたことから、レースが終了となり、17ラップの順位が最終的な結果に反映された。

「グループの後ですごく快適に走れていた。リスクを冒したくなかったけど、雨が降り始めてきて、レースの2分の3に迫っていたから、プッシュして勝負に出ることを決断した。マルクに抜かれ、大きなリスクを背負って走っていたから、20ポイントでOKだと考えたら、その前のラップが適応され、ファンの前で優勝することができた。最高だ。」

「この旋風は栄光だ。初優勝までにすごく苦労した。タフで難しいレースで、トラックマーシャルが指摘してくれるまで、勝ったのか分からなかった。」

「この結果でランク2位。マルクに接近したけど、ライバルは多いから、安定感が重要。毎戦、上位に進出して、バイクはボックスに戻さなければいけない。仕事を続け、この調子を継続しなければいけない。エストリルでカタールとヘレスの再現にトライしよう」と、開幕から3戦連続の表彰台獲得に挑戦することを誓った。

ビデオ:

See all videos for this event

フォトギャラリー:

Open more news

最新ニュース

  • MotoGP™
  • Moto2™
  • Moto3™
Advertising