決勝レース:M.マルケスが復帰V

Moto2™ is powered by
Sunday, 8 April 2012

視力障害により昨季終盤を欠場し、2度のオフィシャルテストを欠場したマルケス(シューター)が完全復帰を証明する優勝。イアンノーネ(スピードアップ)、エスパルガロ(カレックス)、ラバット(カレックス)、ルティ(シューター)が続き、9番グリッドの中上(カレックス)は14位。25番グリッドの高橋(シューター)は19位でフィニッシュした。

開幕戦カタールGPの決勝レースは8日、ロサイル・インターナショナル・サーキットで行われ、マルク・マルケスが優勝を飾った。

気温25度。路面温度24度のドライコンディションの中、2番グリッドのマルケスは、昨年10月のアクシデントにより視力障害(二重視)に見舞われ、終盤2戦と今年2度のオフィシャルテストを欠場。走り込みが不足していたが、スタートからトップグループで優勝争いを展開。昨年転倒リタイヤを喫した舞台で、ライバルたちとのバトルに僅少さで競り勝った。

3番グリッドのアンドレア・イアンノーネは、0.061秒差の2番手。4番グリッドのポル・エスパルガロがウォームアップ走行を制した7番グリッドのエステベ・ラバットとの3位争いに競り勝ち、表彰台を獲得。

ポールポジションのトーマス・ルティは、ラストラップを1番手で迎えたが、その1コーナーでコースアウト。レースに戻って5位でフィニッシュすれば、スコット・レディング、マイク・ディ・メッリオ、シモーネ・コルシ、ブラドリー・スミス、ミカ・カリオがトップ10入り。

9番グリッドの中上貴晶は、ポイント圏内の14位でゴール。25番グリッドの高橋裕紀は、19位でチェッカーを受けた。

次戦スペインGPは、2度のオフィシャルテストを実施したヘレス・サーキットで開催。4月29日に決勝レースが行われる。

TAGS Qatar

フォトギャラリー:

Open more news

最新ニュース

  • MotoGP™
  • Moto2™
  • Moto3™
Advertising