レッドブル・KTM・アジョ、Moto3クラス元年に向けて好発進

Sunday, 19 February 2012

Moto3クラス初年度のタイトル獲得に向け、今年初テストのバレンシアに引き続き、2度目のヘレスでも3日間連続して1番時計を連発。コルテセとケントに続き、新人のシシスもトップ10入りした。

アジョ・モータースポーツは、Moto3クラス元年となる2012年シーズンに向け、KTMのファクトリーチームとして本格的に始動。バレンシアとヘレスで開催されたオフィシャルテストで1番時計を連発した。

今年初テストとなったバレンシアのリカルド・トルモでは、事前テストの成果を発揮して、サンドロ・コルテセが3日間連続して1番時計を記録。ダニー・ケントは、コンマ3秒差の総合3番手、新人アーサー・シシスは、2.2秒差の13番手に進出。

1週間後のヘレスでは、ケントが初日から1番時計を3連発。「自信を感じる。全てがすごく良かった。最終日にはレースシミュレーションを行い、周回を重ねる毎に学んだ」と、振り返った。

総合4番手だったコルテセは、「転倒はテスト中に起きることだけど、グッドなフィーリングがある。常にトップに近い位置にいた」と、手応えを強調。

チームマネージャーのアキ・アジョは、「今回も大きな問題はなく、バイクは良く機能したことから、満足できます。セットアップの仕事に着手しましたが、チームとKTMは、次のテスト、そして開幕戦の準備に向けて、やるべき仕事が沢山あります。」

10番手に進出したシシスに関しては、「意味のある進歩を果たしました」と、評価した。

アジョ・モータースポーツは、3月19日から3日間、当地で開催される開幕前最後のオフィシャルテストに参加する。

D.ケント
3日目: 1分47秒1
2日目: 1分47秒5
1日目: 1分48秒4

S.コルテセ
3日目: 1分48秒0
2日目: 1分48秒3
1日目: 1分49秒2

A.シシス
3日目: 1分49秒1
2日目: 1分50秒1
1日目: タイム発表なし

テストベストラップ: 1分42秒2
サーキットベストラップ: 1分42秒706

ビデオ:

See all videos for this event

フォトギャラリー:

Open more news

最新ニュース

  • MotoGP™
  • Moto2™
  • Moto3™
続きを読む »
Advertising