ペドロサが今季4度目のPP、レイは9番手に進出

Saturday, 15 September 2012

3度のプラクティスで僅か10ラップしか走行しなかたペドロサだったが、2連勝の勢いと3日間のテスト成果を証明するように、最速ラップをマーク。デビュー戦に向けて、期待通りな準備が進まなかったレイだったが、1.5秒差の9番手に進出した。

レプソル・ホンダのダニ・ペドロサは、第13戦サンマリノ&デラ・リビエラ・ディ・リミニGPの公式予選で1番時計を記録。今季4度目のポールポジションを奪取すれば、ジョナサン・レイは9番時計。3列目からデビューレースを迎える。

初日2度のセッションをキャンセルした後、フリー走行3で10ラップを周回して4番手に入ったペドロサは、1分34秒台を6回、1分33秒台を1回記録。1分33秒857の1番時計を刻んだ。

「非常にタイトなセッションだった。休みなしに、タイヤとサスペンションを試し、グッドなセッティングを追求。グッドなリズムも求めた。最後にグッドなラップで、ポールポジションを獲得した。トラックの前半セクションは非常にタイトだから、これは重要。グッドなスタートを切る必要がある。セッティングはグッドがあり、グッドなレースがしたい。」

「天候により、ストレンジな週末となったから、僅かな時間で良い仕事をした。チームに感謝したい。グッドな予選にするため、レースの準備をするために集中力を維持した。」

フリー走行3で15番手だった負傷代役のレイは、1分35秒台を4回記録。1.501秒差の9番手に進出。

「昨日は走ることができず、今朝は非常にストレスな状態で起きた。3度目のプラクティスも役立たなかったから、3列目には喜ばないと。目標はトップ10入りだった。コースイン毎に学び、チームは僕のコメントを訳して、セッティングに反映させようと素晴らしい仕事をしてくれた。ステップ・バイ・ステップでものごとに取り組んでいる。限界までは遠いけど、今すぐに限界に達したくない。」

「この体験を楽しんでいる。終わりにしたくない。ハードなレースになることを覚悟している。スタートして、全力を尽くし、クリーンなレースにしたい。すごくナーバスだけど、シグナルが消えるときには、レースに集中しよう。どうなるか楽しみだ」と、デビュー戦への期待が高まった。

フォトギャラリー:

Open more news

最新ニュース

  • MotoGP™
  • Moto2™
  • Moto3™
Advertising