ペドロサとストーナー、優勝経験があるムジェロに挑戦

Wednesday, 11 July 2012

ランク2位のペドロサが2010年に、ランク3位のストーナーが2009年に優勝を飾ったムジェロに挑戦。ホンダのエンジンパワーを活かして、ランク1位とのポイント差を詰める。

チーム部門ランク1位のレプソル・ホンダは、2年連続してダブル表彰台を獲得したイタリアGPに挑戦。ダニ・ペドロサは2010年に、ケーシー・ストーナーは2009年に優勝を飾ったムジェロ・サーキットで、ポイントリーダーとのギャップを詰めに行く。

10戦ぶりに優勝を飾ったペドロサは、開幕戦以来となるランク2位に再浮上。昨年は負傷から復帰したばかりでフィジカル面の問題があったが、2010年にポール・トゥ・フィニッシュを決めたトラックに勢いを持ち込みたいところ。

「ムジェロが待ちきれない。大好きなサーキットで調子を維持したい。フィジカル面の要求が厳しいトラック。昨年は負傷により、グッドなレースができなかったけど、2010年はナイスな優勝だった。体調は良い。ムジェロで走行を楽しむ準備ができている。」

「トラックは他とは全く違う。コーナーをスピードに乗ってクリアーするバイクが必要で、僕たちのストロングポイントであるエンジンパワーを活かさなければいけない。今年の初優勝は、僕とチームにとって最高だった。ポイントリーダーに近づいたけど、僅か1勝ではタイトルを獲得できない。今年は優勝するために、ほぼ完璧なレースをしないといけないから、猛烈にプッシュを続けよう」と、さらに気を引き締めて8戦目に挑戦することを強調。

26戦ぶりのミスによる転倒リタイヤを喫したストーナーは、開幕戦以来となるランク3位に後退したが、2008年にバレンティーノ・ロッシの8連覇を阻止し、ドゥカティに悲願のホーム初優勝をもたらした。

「ムジェロが好き。過去にはグッドなリザルトを楽しんだ。昨年は計画通りには行かなかったけど、悪かった原因が解っているから、今年はもう少し戦闘力になることを期待する。失望のレースの後で早くバイクに乗りたい。ポイントを稼ぎたい」と、昨年の3位を反省して、上位進出を目指す。

ビデオ:

See all videos for this event

フォトギャラリー:

Open more news

最新ニュース

  • MotoGP™
  • Moto2™
  • Moto3™
続きを読む »
Advertising