S.コルテセ、3日間連続の1番時計

Sunday, 12 February 2012

参戦8年目のコルテセが、今年初のオフィシャルテストで快走の1番時計を連発。タイトル獲得経験のあるチームとKTMのファクトリーサポートを歓迎した。

レッドブル・KTM・アジョ・ファクトリー・レーシングのサンドロ・コルテセは、バレンシアのリカルド・トルモで開催された今年初のオフィシャルテストで、3日間連続して1番時計を記録。キャリアで初めてオフィシャルテストを制した。

昨季自己最高位となるランク4位を獲得した22歳のドイツ人ライダーは、昨年12月1日に初めてKTMのファクトリーマシンを走らせると、1月30日から2日間、今年初テストを実施。合計96ラップを走り、1番時計となる1分43秒2を記録した。

当地で3度目、今年2度目、初のオフィシャルテストとなった今回は、1週間前のプライベートテストより冷え込み、厳しいコンディションの中で開催されたが、初日から1分41秒台に進出。最終日には、唯一1分41秒台を突破する1分40秒9を刻んだ。

「バイクとチームがとても嬉しい。3日間全てが良く機能して、高いレベルを維持。最初から最後まで正しいフィーリングがあった。」

「大きなテクニカルトラブルはなく、パフォーマンスを良くすることができた。ファクトリーチームとして、KTMの大きなサポートを受けた。これは過去に比べれば、ベターなポジションだ。すごく寒かったけど、最高の気分だ」と、会心の笑みを浮かべた。

チームマネージャーのアキ・アジョは、「合計5日間のテストを実施し、技術問題はありませんでした。これは大変重要なことです。我々の戦闘力を証明することができ、KTMプロジェクトに全面的な信頼がありますが、プレシーズンは始まったばかりです。他のチームは1ヶ月後に向けて、ベターなアイデアを持つでしょう」と、気を引き締めた。

レッドブル・KTM・アジョ・ファクトリー・レーシングは、16日からヘレス・サーキットで始まる今年2度目のオフィシャルテストに参加する。

3日目: 1分40秒9 (41ラップ)
2日目: 1分41秒3 (52ラップ)
1日目: 1分41秒6 (39ラップ)

テストベストラップ: 1分40秒9

ビデオ:

See all videos for this event

フォトギャラリー:

Open more news

最新ニュース

  • MotoGP™
  • Moto2™
  • Moto3™
Advertising