プラマック・レーシング、エリアスを負傷代役として召集

Monday, 23 July 2012

ドゥカティのサテライトチームは、左脚を骨折したバルベラの負傷代役に、5年前に起用したエリアスを指名。ドゥカティとラグナセカの経験が起用の決め手となった。

プラマック・レーシングは23日、エクトル・バルベラの負傷代役として、トニ・エリアスを指名。今週末にマツダ・レースウェイ・ラグナセカで開催される第10戦アメリカGPに起用することを発表した。

22日に骨折した左脚を手術したバルベラの復帰が、第12戦インディアナポリスGP(8月19日)、または第13戦チェコGP(8月26日)に見込まれることから、代役起用の可能性を検討。2008年に起用したエリアスを召集することを決断した。

8日前の前戦イタリアGP後に所属先のマプフレ・アスパル・チームから離脱していたエリアスは、5年前に同チームに所属して、第12戦チェコGPで2位、第13戦サンマリノGPで3位表彰台を獲得。ラグナセカでは、同年に10番グリッドから7位。2009年の6位が最高位。昨年は13位だった。

ビデオ:

See all videos for this event

フォトギャラリー:

Open more news

最新ニュース

  • MotoGP™
  • Moto2™
  • Moto3™
続きを読む »
Advertising