M.ビニャーレス、チームとタイトル争いから離脱

Friday, 19 October 2012

今季最多勝を挙げ、逆転タイトル獲得の可能性があるランク2位のビニャーレスが、チームへの不信を理由に契約解除を要求。和解できず、チームからの離脱を決断。同時にタイトル争いを放棄した。

ブルセンス・アビンティアのマーベリック・ビニャーレスは19日、第16戦マレーシアGPのフリー走行1をキャンセル。開幕前日のミーティングで、一方的にチームからの離脱を決断したことを伝え、スペインに帰国することを明かした。

マーベリック、週末最初のセッション中にパドックで君の姿を見かけたのは驚きだった。何が起きたんだい?

状況は簡単。チームとの関係は終わった。ものごとは、悪い状況から最悪の状況に進んだ。合意して、この3戦で終わりにしたかったけど、チームはそれを望まなかった。合意したくないから、僕たちは参加しない。

契約を更新したばかりだけど?

イエス。だけど、ものごとは、悪い状況から最悪の状況に進めば、解決策を探さなければいけない。

残りの3戦において、チームに要求したことは?この決断を下した理由は?

チームはシーズン途中から約束を守らない。彼らは全力を尽くさなかったと思う。僕自身も全力を尽くせない。僕は和解したかった。この3戦を終えたかったけど、チームはそれを望まないから、今日中に帰国することにした。

チームから離脱するという意志は、今ではなく、終盤3戦を終えた後ということか?

それはハッキリしている。ものごとが良い形ならば、常に良いけど、悪い方にしたければ、僕も悪いことをする。シーズン末に契約を破棄してくれれば、シーズンを終えたかったのは、明白だ。

バイクの問題か、それともチームの努力が確認できなかったことか?

努力ではない。チームは2級レベルだと思う。僕は来季タイトル獲得にトライしなければいけない。このチームを信頼しないから、この決断を下した。

TAGS Malaysia

フォトギャラリー:

Open more news

最新ニュース

  • MotoGP™
  • Moto2™
  • Moto3™
Advertising