ロレンソ&スピース、プライベートテストで週末に自信

Tuesday, 25 September 2012

3週間前に実施したプライベートテストにより、自信を持ってアラゴン入りするヤマハの両雄。ポイントリーダーのロレンソは、次戦からの3連戦を前に、タイトル争いに大きく前進するため、アラゴンでの初優勝を狙う。

ヤマハ・ファクトリー・レーシング・チームのホルヘ・ロレンソは、第14戦アラゴンGPの舞台となるモーターランド・アラゴンでの初優勝を狙えば、ベン・スピースは今季初の表彰台獲得に挑戦する。

前戦サンマリノ&デラ・リビエラ・ディ・リミニGPで今季6勝目、12度目のトップ2入りを達成したポイントリーダーのロレンソは、6月の第5戦カタルーニャGP後に開催されたオフィシャルテストで1番時計を記録。第12戦チェコGP後のプライベートテストでは、2日目に1番時計して、昨年3位、2年前に4位だったトラックに挑戦。

「アラゴンは、僕たちにとって好きなトラックではなかったけど、最近のテストで、より戦闘的になることに役立つことが見つかったと思う。スペクタクロなショーを提供し、優勝にトライしよう」と、初優勝にチャレンジすることを強調。

3戦連続のリタイヤを喫した後、5位に進出したランク10位のスピースは、オフィシャルテストで2番時計。プライベートテストでは、タイヤの寿命を延ばすことを目的にセッティングを進め、レースシミュレーションも実行。自信を持ってスペイン入りする。

「数週間にとても良いテストをしたから、似たようなコンディションで走れることを願う。このトラックに対するグッドなベースセッティングがあり、金曜の朝から速いリズムで走らなければいけない。」

「問題がなかったミサノでの週末は最高だった。残りのシーズンもこのような状態が続き、トラックで100%を発揮するために集中できることを願う」と、週末への期待を語った。

ビデオ:

See all videos for this event

フォトギャラリー:

Open more news

最新ニュース

  • MotoGP™
  • Moto2™
  • Moto3™
Advertising