ヤマハ・ファクトリー、優勝と表彰台に挑戦

Wednesday, 10 October 2012

7戦連続13度目のトップ2入りを達成したロレンソは、今季7勝目に挑戦。2年連続してコースアウトを強いられたスピースは、今季初表彰台をトライする。

ヤマハ・ファクトリー・レーシング・チームのホルヘ・ロレンソは、ポイントリーダーとして第15戦日本GPに挑戦。今季7勝目に挑戦すれば、ベン・スピースは、今季初表彰台を目指す。

第4戦フランスGPでランク1位に返り咲いてから、11戦連続してトップの座を堅守するロレンソは、前戦アラゴンGPで7戦連続13度目のトップ2入りを達成して、歴代11人目、現役では3人目となる通算95度目の表彰台を獲得。昨年は2番グリッドから2位、2009年に優勝を飾ったツインリンクもてぎに乗り込む。

「ポイントリーダーとしてアジア遠征を始める。アラゴンの後で好調だ。僕たちのライバルは非常に強いから、困難だけど、最善の手段で走らなければいけない。もてぎは大好き。2009年に勝ったから、優勝争いができると思う」と、自信を見せた。

昨年は後方から追突されてコースアウト。2年前には他車との接触を回避することを強いられ、コースアウトを喫したランク10位のスピースは、追求している今季初の表彰台を狙う。

「週末が楽しみ。昨年はグッドなリズムがあったけど、1ラップ目にバレンティーノ・ロッシが転倒したから、少し不運だった。今週末を迎える前に2つのまともな結果があったから、ヤマハのホームレースでグッドなリザルトを獲得したい」と、抱負を語った。

ビデオ:

See all videos for this event

フォトギャラリー:

Open more news

最新ニュース

  • MotoGP™
  • Moto2™
  • Moto3™
続きを読む »
Advertising