ヤマハ、ロレンソと2013年から2年契約

Tuesday, 12 June 2012

今季末でほぼ全てのライダーたちが契約満期となることから、来季の市場に関して大きな関心が高まる中、ポイントリーダーのロレンソが、先陣を切って、ヤマハと2年間の延長契約を結んだ。

ヤマハ発動機は12日、ホルヘ・ロレンソとの間で、2013年と2014年にヤマハ・ファクトリー・レーシング・チームから参戦する契約を結んだことを発表した。

25歳のスペイン人ライダーは、2008年にヤマハのファクトリーチームから最高峰クラスへの参戦を開始すると、1年にランク4位と新人王を獲得。2年目にランク2位。3年目の2010年にはチャンピオンに輝き、4年目の昨年はランク2位に進出。

5年目の2012年にポイントリーダーとして、チャンピオンシップをリードするロレンソは、「ヤマハと2年間の延長契約のサインができて、とても嬉しい。僕がファクトリーチームに残留するように最大限の努力を尽くしてくれたから全ての関係者に感謝したい。」

「2008年からヤマハファミリーの一員であるように対応してくれ、彼らと一緒に仕事をすることが好きだ。ここに残留することが、常に最初のオプションだったから、この重要な交渉がとてもポジティブにまとまったことが嬉しい。」

「今、チャンピオンシップに集中することができる。今週末のシルバーストーンからヤマハの信頼感に応えたい。一緒にチャンピオンシップを獲得したい。ヤマハでキャリアを終えるという僕の夢が現実に向けて近づいた!」と、延長契約を喜んだ。

ヤマハ。モーターレーシング・マネージングダイレクターのリン・ジャービスは、「ヤマハとヤマハ・ファクトリー・レーシングにとって、エクセレントなニュースです。」

「ホルヘは2008年から我々と一緒に参戦し、2010年のワールドチャンピオンをはじめ、この4年間で実に見事な成績を収めました。現在、序盤5戦で3勝を挙げ、2戦で2位を獲得。ポイントリーダーに立っています。」

「今回の延長契約により、彼とヤマハがチャンピオンシップに何の障害もなく、100%の集中力で挑み、将来に向けて、ウイニングなパートナーシップをより強固とすることが許されます」と、ロレンソと共にタイトル奪回に挑戦することを主張した。

ビデオ:

See all videos for this event

フォトギャラリー:

Open more news

最新ニュース

  • MotoGP™
  • Moto2™
  • Moto3™
続きを読む »
Advertising