アスパル・チーム、ファウベルを合意の上で解雇

Friday, 21 September 2012

チャンピオンチームは、成績不振のファウベルに替わり、スペイン選手権で特筆する活躍を見せるアマトを16歳の誕生日を待って、起用することを決断。ファウベル&モンカヨのスパニッシュコンビからフォルガー&アマトのジャマニーコンビを結成させた。

マプフレ・アスパル・チームは21日、エクトル・ファウベルとの間で合意の上、コラボレーションに終止符を打つことを発表。22日に、ドイツ人ライダーのルカ・アマトを次戦アラゴンGPからシーズン末まで起用することを発表した。

125ccクラス最後のチャンピオンチームとして、Moto3クラス初代のチャンピオンチームを目指したバレンシアのチームは、ファウベルとアルベルト・モンカヨを起用。プレシーズンから積極的なテストを実施したが、特筆する結果は、第4戦フランスGPの2位のみ。

巻き返しを図るため、ルマンで表彰台を獲得したランク15位のモンカヨを前半戦終了後に解雇して、ジョナス・フォルガーを召集すると、デビュー戦で3位に入り、2戦目の第12戦チェコGPで優勝。前戦ではトップグループに接近して、6位でフィニッシュ。僅か3戦で51ポイントを稼ぎ、一気にランク13位に浮上した。

さらに、前戦までに52ポイントを獲得して、ランク15位に位置するファウベルとの間で、両者合意の上で契約を解除。

将来のグランプリ参戦を視野に、今季からスペイン選手権Moto3クラスにフル参戦するベルギッシュ・グラートバッハ出身の16歳、アマトを起用することを決定した。

8月24日に参戦が許可される最低年齢、16歳の誕生日を迎えたばかりのアマトは、2011年にドイツ選手権125ccクラスでジャック・ミラーとのタイトル争いを展開して、僅か1ポイント差でランク2位に輝くと、今年はスペイン選手権に専念。ホンダエンジンを搭載したFTRを走らせ、ランク2位に位置している。

デビュー戦となるモーターランド・アラゴンで、アレックス・マルケスに競り勝って初優勝を挙げたアマトは、「大きな夢の1つの実現。やっとグランプリに参戦できる。この感動を説明できない。リザルトを考えるために、1日も早くチームに順応したい」と、抱負を語った。

TAGS 2012

ビデオ:

See all videos for this event

フォトギャラリー:

Open more news

最新ニュース

  • MotoGP™
  • Moto2™
  • Moto3™
Advertising