フリー走行2:P.エスパルガロが最速リズムでライバルたちを圧倒

Moto2™ is powered by
Friday, 26 October 2012

フリー走行1で今季9度目の1番時計発進を決めたエスパルガロが、シルバーストン、アッセン、ザクセンリンク、ムジェロ、インディアナポリス、ブルノ、セパンに続き、今季8度目の初日総合1番手。ルティ、ウエストが続き、電子制御の問題で最初のプラクティスを失ったマルケスは、1.1秒差の4番手。中上は9番手。高橋と小山は26番手と30番手だった。

第17戦オーストラリアGPのフリー走行2は26日、フィリップアイランド・グランプリ・サーキットで行われ、ポル・エスパルガロがトップタイムをマーク。初日を制した。

気温14度。路面温度27度のドライコンディションの中、残り20分過ぎから雨が降り始める前に、フリー走行1で最速リズムを重ねたエスパルガロは、1分35秒台を5回、1分34秒台を4回記録。1分34秒578を刻み、2戦連続今季8度目の初日総合1番手に進出。

週末最初のプラクティスで3番手に進出したトーマス・ルティは、1分35秒台を2回記録して、0.929秒差の2番手に浮上。

午前に5番手に進出して今季のベストスタートを切ったアンソニー・ウエストは、1分35秒台を4回記録して、0.975秒差の3番手。

電子制御の接続に問題があり、フリー走行1を失ったマルク・マルケスは、1分35秒台を3回記録して、1.125秒差の4番手。アンドレア・イアンノーネ、ランディ・クルメンナッハ、アレックス・デ・アンジェリス、スコット・レディングが続いた。

フリー走行1で16番手だった中上貴晶は、1分36秒台を2回、1分35秒台を1回記録して、1.385秒差の9番手に浮上。ヨハン・ザルコがトップ10入り。21番手の高橋裕紀は、3.534秒差の26番手。27番手の小山知良は、5.128秒差の30番手だった。

TAGS Australia

フォトギャラリー:

Open more news

最新ニュース

  • MotoGP™
  • Moto2™
  • Moto3™
Advertising