フリー走行3:S.レディングが今季5度目の1番時計

Moto2™ is powered by
australia moto2 fp3 redding
Saturday, 27 October 2012

初日総合2番手のレディングが、第12戦チェコGPのウォームアップ走行以来今季5度目の1番時計、今季初のフリー走行総合1番手に進出。タイトル争いの主役、エスパルガロとマルケスが続き、初日総合12番手の中上は14番手。小山は27番手。高橋は1ラップ目に転倒を喫して、周回を重ねられなかった。

第17戦オーストラリアGPのフリー走行3は27日、フィリップアイランド・グランプリ・サーキットで行われ、スコット・レディングがトップタイムをマーク。3度のフリー走行を制した。

気温13度。路面温度26度のドライコンディションの中、初日総合2番手のレディングは、1分34秒台を10回記録。1分34秒018の1番時計を刻み、今季初めてフリー走行総合1番手に進出。

初日に連続してセッションを制した総合1番手のポル・エスパルガロは、0.025秒差の2番手に後退したが、1分34秒台を最多の14回記録。

フリー走行2から走行を開始した初日総合7番手のマルク・マルケスは、1分35秒台を9回、1分34秒台を3回記録して、0.555秒差の3番手に浮上。

初日総合8番手のアンドレア・イアンノーネは、1分35秒台を5回、1分34秒台を2回記録して、0.600秒差の4番手に浮上。アンソニー・ウエスト、ヨハン・ザルコ、シモーネ・コルシ、トーマス・ルティ、ランディ・クルメンナッハ、ジョルディ・トーレスがトップ10入り。

初日総合10番手のアレックス・デ・アンジェリスは、1.351秒差の11番手。

初日総合12番手の中上貴晶は、1.436秒差の14番手。初日総合30番手の小山知良は、3.792秒差の27番手。初日総合26番手の高橋裕紀は、1ラップ目の9コーナーで転倒を喫した際のマシンが破損したことから、周回を重ねることができなかった。

TAGS Australia

フォトギャラリー:

Open more news

最新ニュース

  • MotoGP™
  • Moto2™
  • Moto3™
続きを読む »
Advertising