フリー走行1:S.コルテセがタイトル獲得後に1番時計発進

australia moto3 fp1 cortese
Friday, 26 October 2012

前戦でMoto3クラスの初代王者に輝いたコルテセが1番時計発進。新王者として貫録を見せれば、ケント、フォルガーが続き、チームに合流したビニャーレスが4番手。ランク2位を争いサロンは9番手。フィリップアイランド初挑戦の藤井は25番手だった。

第17戦オーストラリアGPのフリー走行1は26日、フィリップアイランド・グランプリ・サーキットで行われ、サンドロ・コルテセがトップタイムをマークした。

気温12度。路面温度14度のドライコンディションの中、前戦マレーシアGPでチャンピオンに輝いたコルテセは、1分40秒台を最多の6回記録した後、1分39秒902の1番時計を刻み、週末最初のプラクティスを制した。

ランク6位のダニー・ケントは、2度のコースインで最多の20ラップを周回。2分00秒台を4回記録して、0.441秒差の2番手に進出。

ランク9位のジョナス・フォルガーは、2分00秒台を4回記録して、0.555秒差の3番手。

チームに合流したランク3位のマーベリック・ビニャーレスは、1分41秒台を4回記録した後、15ラップ目に転倒を喫したが、1.118秒差の4番手。ミゲール・オリベイラ、エフレン・バスケス、ズルファミ・カイルディン、ヤコブ・コーンフェールが続いた。

ランク2位のルイス・サロンは、1分41秒台を3回記録して、1.431秒差の9番手。アレッサンドロ・トヌッチがトップ10入り。

新人王争いを展開するランク4位のアレックス・リンスとランク5位のロマーノ・フェネティは、16番手と18番手。

当地初挑戦の藤井謙汰は、18ラップの連続走行を含めて20ラップを周回。3.447秒差の25番手だった。

TAGS Australia

ビデオ:

See all videos for this event

フォトギャラリー:

Open more news

最新ニュース

  • MotoGP™
  • Moto2™
  • Moto3™
Advertising