フリー走行3:S.コルテセが2度目のトップタイム

australia moto3 fp3 cortese
Saturday, 27 October 2012

フリー走行1を制して初日総合2番手だったコルテセが、週末2度目の1番時計。初日総合9番手のモンカヨが2番手に進出すれば、フリー走行2を制して初日総合1番手のフォルガーは初日のタイムを更新できずに3番手。ケント、アジョが続き、初日総合27番手の藤井は27番手を維持した。

第17戦オーストラリアGPのフリー走行3は27日、フィリップアイランド・グランプリ・サーキットで行われ、サンドロ・コルテセがトップタイムをマーク。3度のフリー走行を制した。

気温11度。路面温度20度のドライコンディションの中、フリー走行1を制して初日総合2番手だったコルテセは、1分39秒台を3回、1分38秒台を2回記録。1分38秒811の1番時計を刻んだ。

初日総合9番手のアルベルト・モンカヨは、最多の22ラップを周回して、1分40秒台を5回、1分39秒台を3回記録。0.394秒差の2番手に浮上して、今季のベストセッションを実現。

フリー走行2を制して初日総合1番手のジョナス・フォルガーは、1分40秒台を1回、1分39秒台を6回記録。初日のタイムを更新できず、0.498秒差の3番手に後退。

初日総合4番手のダニー・ケントは、1分39秒台を最多の8回記録して、0.555秒差の4番手。初日総合16番手のニクラス・アジョが5番手に入り、ルイス・サロン、アレックス・リンス、ミゲール・オリベイラ、ロマーノ・フェナティ、マーベリック・ビニャーレスがトップ10入り。転倒を喫したズルファミ・カイルディンは、1.017秒差の11番手。

初日総合27番手の藤井謙汰は、22ラップを周回して、1分42秒台を9回記録。3.498秒差の27番手を維持。

セッション開始から5分過ぎ、初日17番手のニッコロ・アントネッリが、3ラップ目に転倒を喫したことから赤旗が提示され、メディカルセンターに搬送されたが、大事には至らなかった。

TAGS Australia

フォトギャラリー:

Open more news

最新ニュース

  • MotoGP™
  • Moto2™
  • Moto3™
Advertising