フリー走行2:C.ストーナーが今季3度目の1番時計発進

Friday, 26 October 2012

フリー走行1を制したストーナーが、カタール、ルマンに続きフリー走行1から連続の1番時計。カタール、エストリル、ルマン、シルバーストン以来、今季5度目の初日総合1番手に進出すれば、タイトル争いを展開するランク2位のペドロサがコンマ8秒差の2番手、ポイントリーダーのロレンソが1秒差の3番手。クラッチロー、ドビツィオーソが続き、ロッシが2秒差の8番手。CRT勢ではド・プエニが2.8秒差の10番手だった。

第17戦オーストラリアGPのフリー走行2は26日、フィリップアイランド・グランプリ・サーキットで行われ、ケーシー・ストーナーがトップタイムをマーク。初日を制した。

気温14度。路面温度28度のドライコンディションの中、フリー走行1を制したストーナーは、1分30秒台を7回、1分29秒台を1回記録。1分29秒999の1番時計を刻み、今季5度目の初日総合1番手に進出した。

午前のプラクティスで3番手だったダニ・ペドロサは、1分31秒台を8回、1分30秒台を1回記録して、0.885秒差の2番手に浮上。

週末最初のプラクティスで2番手に進出したホルヘ・ロレンソは、1分31秒台を最多の12回記録して、1.006秒差の3番手。

6番手発進したカル・クラッチローは、1分31秒台を4回記録して、1.368秒差の4番手に進出。アンドレア・ドビツィオーソ、アルバロ・バウティスタ、ステファン・ブラドルが続いた。

フリー走行1で9番手だったバレンティーノ・ロッシは、1分32秒台を12回記録して、2.031秒差の8番手。ニッキー・ヘイデンが続いた。

CRT勢では、ランディ・ド・プニエが、1分32秒台を3回記録して、2.675秒差の10番手に進出した。

TAGS Australia

フォトギャラリー:

Open more news

最新ニュース

  • MotoGP™
  • Moto2™
  • Moto3™
Advertising