公式予選:C.ストーナーが今季5度目のポールポジションを奪取

Saturday, 27 October 2012

フリー走行で3度の1番時計を記録したストーナーが、セッション開始に転倒を喫したが、ホームトラックで今季5度目、5年連続のポールポジションを獲得。タイトル争いに王手をかけるロレンソは0.5秒差の2番手に入り、BMW・M・アワードとポール・トゥ・ポールズのタイトルを獲得。ペドロサは0.9秒差の3番手。クラッチロー、ブラドルが続き、ロッシは2秒差の8番手。ド・プニエがCRT勢の今季最高位となる9番手に進出した。

第17戦オーストラリアGPの公式予選は27日、フィリップアイランド・グランプリ・サーキットで行われ、ケーシー・ストーナーがトップタイムをマーク。ポールポジションを奪取した。

気温12度。路面温度26度のドライコンディションの中、フリー走行1から連続してセッションを制したストーナーは、5ラップ目の4コーナーで今季6度目転倒を喫したが、1分29秒台を4回記録。1分29秒623の1番時計を刻み、第8戦ドイツGP以来今季5度目、5年連続のトップグリッドを獲得した。

フリー走行総合2番手のホルヘ・ロレンソは、1分30秒台を4回記録して、0.517秒差の2番手。4戦連続8度目のポールポジションを逃したが、9戦連続13度目の1列目を確保して、予選最速となるBMW・M・アワードとポール・トゥ・ポールズのタイトルを獲得。

フリー走行総合3番手のダニ・ペドロサは、1分30秒台を6回記録して、0.952秒差の3番手。11戦連続14度目の1列目に進出。

フリー走行総合4番手のカル・クラッチローは、1分30秒台を2回記録して、1.140秒差の4番手。ステファン・ブラドル、アンドレア・ドビツィオーソ、アルバロ・バウティスタが続いた。

フリー走行総合9番手のバレンティーノ・ロッシは、1分31秒台を6回記録して、2.038秒差の8番手。

フリー走行総合7番手のランディ・ド・プニエは、1分31秒台を3回記録して、2.044秒差の9番手に入り、CRT勢で今季初のシングルグリッドを獲得。ニッキー・ヘイデンがトップ10入り。

負傷代役のクリス・マクラーレンは、4度目のセッションもトップから107%以内に進出できなかった。

TAGS Australia

フォトギャラリー:

Open more news

最新ニュース

  • MotoGP™
  • Moto2™
  • Moto3™
続きを読む »
Advertising