決勝レース:C.ストーナーが地元で6年連続優勝/J.ロレンソが2度目のタイトル奪取に成功

Sunday, 28 October 2012

週末全てのプラクティスを制したストーナーが、ホームでのラストレースで5年連続のポール・トゥ・フィニッシュ、6年連続の優勝を達成。ポイントリーダーのロレンソが2位に入り、2年ぶり2度目のタイトルを獲得。ランク2位のペドロサは、3番グリッドからトップ走行中に転倒リタイヤを喫した。

第17戦オーストラリアGPの決勝レースは28日、フィリップアイランド・グランプリ・サーキットで行われ、ケーシー・ストーナーが6年連続の優勝を飾り、ホルヘ・ロレンソが2度目のタイトルを獲得した。

気温15度。路面温度26度のドライコンディションの中、ウォームアップ走行で週末全てのプラクティスを制したポールポジションのストーナーは、オープニングラップで3番手に後退したが、2ラップ目にトップを奪回すると、2位に9.223秒差のアドバンテージを広げて6年連続の優勝、5年連続のポール・トゥ・フィニッシュを達成した。

2番グリッドのホルヘ・ロレンソは、ホールショットを決めると、安定したラップで周回を重ねて、2位でフィニッシュ。10戦連続16度目のトップ2入りを達成して、2年ぶり2度目のタイトル獲得に成功した。

4番グリッドのカル・クラッチローは、単独走行で3位に入り、2度目の表彰台を獲得。

6番グリッドのアンドレア・ドビツィオーソは、3人による4位争いに僅少さで競り勝ち、アルバロ・バウティスタ、ステファン・ブラドル、バレンティーノ・ロッシ、ニッキー・ヘイデン、カレル・アブラハムが続いた。

CRT勢では、12番グリッドのアレックス・エスパルガロが、CRTのタイトルを争うランディ・ド・プニエを0.043秒差で抑えて、2戦連続6度目のトップ10入り。

3番グリッドのダニ・ペドロサは、オープニングラップでトップに躍り出たが、2ラップ目に今季2度目の転倒リタイヤを喫した。

チャンピオンシップは、ポイントリーダーのロレンソが、ランク2位のペドロサに43ポイント差のアドバンテージを広げ、タイトル争いに決着。ストーナーのランク3位、ドビツィオーソのランク4位が決定。

ランク5位争いは、バウティスタがロッシに8ポイント差、クラッチローに14ポイント差。CRTは、エスパルガロがド・プニエに11ポイント差のアドバンテージを持って、最終戦を迎える。

次戦バレンシアGPは、リカルド・トルモで9日に開幕。11日に決勝レースが行われる。

TAGS Australia

フォトギャラリー:

Open more news

最新ニュース

  • MotoGP™
  • Moto2™
  • Moto3™
Advertising