フリー走行3:S.コルテセが初日9番手から1番手に浮上

Saturday, 25 August 2012

初日3番手と9番手だったコルテセが週末初の1番時計を記録。初日総合1番手のビニャーレスが0.077秒差の2番手、ケントがコンマ5秒差で3番手。カイルディオン、コーンフェールが続き、初日総合32番手の藤井は、4.1秒差の31番手だった。

第12戦チェコGPのフリー走行3は25日、ブルノ・サーキットで行われ、サンドロ・コルテセがトップタイムをマーク。3度のフリー走行を制した。

気温18度。路面温度21度のドライコンディションの中、初日総合9番手のコルテセは、2分09秒台を1回、2分08秒台を2回記録。2分08秒372の1番時計を刻んだ。

フリー走行2を制して初日総合1番手のマーベリック・ビニャーレスは、2分09秒台を4回、2分08秒台を2回記録して、0.077秒差の2番手。

初日総合3番手のダニー・ケントは、2分09秒台を2回、2分08秒台を1回記録して、0.524秒差の3番手を維持。

初日総合4番手に進出したズルファミ・カイルディオンは、2分10秒台を4回、2分09秒台を2回記録して、1.106秒差の4番手。

フリー走行2で2番手に進出した地元出身のヤコブ・コーンフェールは、2分10秒台を4回、2分09秒台を3回記録して、1.142秒差の5番手に後退。

フリー走行1を制した初日総合7番手のジョナス・フォルガーは、2分09秒台を4回記録して、1.333秒差の6番手に入り、アレッサンドロ・トヌッチ、アドリアン・マルティン、エクトル・ファウベル、ロマーノ・フェネティがトップ10入り。

初日総合6番手のルイス・サロンは、2分10秒台を4回記録して、1.898秒差の15番手。

初日総合32番手の藤井謙汰は、2度のコースインで最多の17ラップを走行。2分13秒台を7回、2分12秒台を2回記録して、4.142秒差の31番手。

初日総合20番手のイサック・ビニャーレスは、転倒した際に左足首を骨折。帰国して、バルセロナ市内の病院で手術を受けることとなった。

フリー走行1で頭部を強打したアラン・ティーチャーと肋骨を骨折したリッカルド・モレッティは欠場した。

フォトギャラリー:

Open more news

最新ニュース

  • MotoGP™
  • Moto2™
  • Moto3™
Advertising