公式予選:J.ロレンソが今季4度目のポールポジションを奪取

Saturday, 25 August 2012

フリー走行総合2番手のロレンソが、カタール、ヘレス、ラグナセカに続き、今季4度目のトップグリッドを獲得。総合5番手のクラッチローが転倒後に自己最高位となる2番手に進出すると、総合1番手のペドロサも転倒後に3番手に入って1列目を確保。スピース、ドビツィオーソが続き、総合7番手のロッシが、コンマ9秒差の6番手で今季の最高位に進出。ド・プニエが2秒差でCRT勢の最高位となる10番手だった。

第12戦チェコGPの公式予選は25日、ブルノ・サーキットで行われ、ホルヘ・ロレンソがトップタイムをマーク。ポールポジションを奪取した。

気温22度。路面温度26度のドライコンディションの中、フリー走行総合2番手のロレンソは、1分56秒台を最多の14回、1分55秒台を1回記録。1分55秒799の1番時計を刻み、今季4度目のトップグリップを獲得。BMW・M・アワードでランク1位に再浮上した。

フリー走行総合5番手のカル・クラッチローは、13ラップ目に今季10度目の転倒を喫したが、1分56秒台を6回、1分55秒台を1回記録。0.196秒差の2番手に入り、自己最高位のスターティンググリッドを獲得。

今季初めて3度のフリー走行を連続して制したダニ・ペドロサは、5ラップ目に今季3度目の転倒を喫したことから2号車に乗り換え、1分56秒台を9回記録。0.528秒差の3番手に入り、6戦連続9回目の1列目を確保。

フリー走行総合3番手のベン・スピースは、1分56秒台を5回記録して、0.532秒差の4番手。

フリー走行総合4番手のアンドレア・ドビツィオーソは、1分56秒台を8回記録して、0.760秒差の5番手。

フリー走行総合7番手のバレンティーノ・ロッシは、最多24ラップを周回して、1分57秒台を11回、1分56秒台を2回記録。0.936秒差の6番手に入り、今季の最高位、昨年8月の第11戦チェコGP、11月の最終戦バレンシアGP以来となるドゥカティでのベストリザルトタイとなるスターティンググリッドを獲得した。

フリー走行総合6番手のステファン・ブラドルは、1分57秒台を8回、1分56秒台を2回記録して、1.028秒差の7番手。アルバロ・バウティスタ、カレル・アブラハムが続いた。

フリー走行総合10番手のランディ・ド・プニエは、7ラップ目に今季7度目の転倒を喫したが、最後のコースインで1分57秒台に進出して、2.045秒差の10番手に進出した。

フォトギャラリー:

Open more news

最新ニュース

  • MotoGP™
  • Moto2™
  • Moto3™
Advertising