ウォームアップ走行:B.スピースがウェットで最速ラップ

Sunday, 26 August 2012

ホームのアメリカ2戦を含めて今季なシーズンが続き、巻き返しを図りたい4番グリッドのスピースが、週末初のウェットコンディションで1番時計を記録。3番グリッドのペドロサが2番手。セッションをリードした6番グリッドのロッシが3番手に進出。ポールポジションのロレンソ、5番グリッドのドビツィオーソが続いた。

第12戦チェコGPのウォームアップ走行は26日、ブルノ・サーキットで行われ、ベン・スピースがトップタイムをマークした。

気温16度。路面温度19度のウェットコンディションの中、4番グリッドのスピースは、2分07秒台を1回、2分06秒台を1回記録。2分06秒906の1番時計を刻み、天候の変化に素早く順応した。

3番グリッドのダニ・ペドロサは、2分07秒台を2回記録して、0.240秒差の2番手。

ウェットレースとなった第4戦フランスGPで2位を獲得した6番グリッドのバレンティーノ・ロッシは、2分07秒台を最多の3回記録して、0.339秒差の3番手に進出。

ポールポジションのホルヘ・ロレンソは、2分07秒台を1回記録して、0.456秒差の4番手。

5番グリッドのアンドレア・ドビツィオーソは、2分07秒台を2回記録して、0.824秒差の5番手。ステファン・ブラドル、カル・クラッチロー、アレックス・エスパルガロ、ヨニー・エルナンデェス、アルバロ・バウティスタが続いた。

フォトギャラリー:

Open more news

最新ニュース

  • MotoGP™
  • Moto2™
  • Moto3™
Advertising