決勝レース:D.ペドロサがポイントリーダーに競り勝つ

Sunday, 26 August 2012

週末3度のセッションを制したペドロサが3番グリッドからポールポジションのロレンソと優勝バトルに競り勝ち、後半戦2連勝。ギャップを13ポイント差に詰めれば、2番グリッドのクラッチローが初表彰台を獲得。ドビツィオーソ、ブラドルが続き、ロッシは7位。ド・プニエがCRT勢の最高位となる8位に進出した。

第12戦チェコGPの決勝レースは26日、ブルノ・サーキットで行われ、ダニ・ペドロサが優勝を飾り、今季3勝目を挙げた。

気温18度。路面温度23度のドライコンディションの中、3番グリッドのダニ・ペドロサは、スタートで2番手に位置すると、ホルヘ・ロレンソとのバトルを展開。ラスト11にトップに躍り出ると、最終ラップの優勝争いに競り勝ち、前戦インディアナポリスGPに続き、後半戦2連勝を挙げた。

ポールポジションのロレンソは、5戦連続11度目のトップ2に進出すれば、2番グリッドのカル・クラッチローは、スタートから3番手を単独走行。参戦28戦目で初表彰台を獲得した。

5番グリッドのアンドレア・ドビツィオーソは4位に入り、ステファン・ブラドル、アルバロ・バウティスタが続いた。

ウォームアップ走行で3番手に進出した6番グリッドのバレンティーノ・ロッシは、序盤に白煙が吹くテクニカルトラブルに見舞われながら、7位でフィニッシュ。

10番グリッドのランディ・ド・プニエは、今季のベストレースを振り返ったように、CRT勢の8位に進出。カレル・アブラハム、アレックス・エスパルガロがトップ10入り。

ウォームアップ走行を制した4番グリッドのベン・スピースは、オープニングラップで14番手に後退。8番手走行中の9ラップ目に転倒を喫し、3戦連続のリタイヤとなった。

チャンピオンシップは、ランク2位のペドロサがポイントリーダーのロレンソとのギャップを13ポイント差に詰めた。

次戦サンマリノ&デラ・リビエラ・ディ・リミニGPは、9月14日にミサノ・ワールド・サーキット-マルコ・シモンセリで開幕。16日に決勝レースが行われる。

フォトギャラリー:

Open more news

最新ニュース

  • MotoGP™
  • Moto2™
  • Moto3™
続きを読む »
Advertising