フリー走行2:L.ロッシ、勢い持ち込む初日1番時計

Friday, 1 June 2012

前戦のホームレースでキャリア初優勝を飾ったロッシが、フリー走行1の5番手から1番手に浮上。初めてセッションを制すと、ホームグランプリとなるビニャーレスが1.5秒差の2番手。ポイントリーダーのコルテセが3番手。オリベイラ、ケントが続き、カタルーニャ初挑戦の藤井は、33番手から4.8秒差の34番手に後退した。

第5戦カタルーニャGPのフリー走行2は1日、カタルーニャ・サーキットで行われ、ルイス・ロッシがトップタイムをマーク。初日を制した。

気温29度。路面温度51度のドライコンディションの中、フリー走行1で5番手だったロッシは、1分53秒台を最多の6回、1分52秒台を3回記録。ホームでキャリア初優勝を挙げた前戦の勢いを持ち込むように、1分52秒624の1番時計を刻んだ。

最初のセッションを制したマーベリック・ビニャーレスは、1分53秒台を3回、1分52秒台を最多の4回記録して、0.150秒差の2番手。

フリー走行1で3番手のサンドロ・コルテセは、1分53秒台を2回、1分52秒台を2回記録。0.284秒差の3番手を維持すれば、フリー走行1で2番時計だったミゲール・オリベイラは、1分52秒台を4回記録。0.960秒差の4番手に後退。

フリー走行1で6番手のダニー・ケントが5番手に浮上。ロマーノ・フェナティ、エクトル・ファウベル、ズルファミ・カイルディン、ルイス・サロンが続き、通算100戦目を迎えるアレックス・マスボーは、16番手から1.538秒差の10番手に進出。

フリー走行1で33番手だった藤井謙汰は、4.883秒差の最下位34番手に後退した。

TAGS Catalunya

フォトギャラリー:

Open more news

最新ニュース

  • MotoGP™
  • Moto2™
  • Moto3™
Advertising