公式予選:M.マルケスが地元出身者同士のポールバトルを制す

Moto2™ is powered by
Saturday, 2 June 2012

地元出身2人によるポールポジション争いが展開された中、フリー走行総合9番手のマルケスが競り勝ち、4戦連続のトップグリッドを獲得。エスパルガロ、ルティ、イアンノーネ、コルシが続き、アクシデントに巻き込まれたフリー走行総合15番手の中上は12番手。フリー走行総合25番手の高橋は22番手だった。

第5戦カタルーニャGPの公式予選は2日、カタルーニャ・サーキットで行われ、マルク・マルケスがトップタイムをマーク。4戦連続のポールポジションを奪取した。

気温31度。路面温度54度のドライコンディションの中、フリー走行総合9番手のマルケスは、1分46秒台を最多の7回記録。1分46秒187の1番時計を刻み、5戦連続の1列目を確保。

フリー走行総合3番手のポル・エスパルガロは、1分46秒台を5回記録。0.195秒差の2番手に入り、中量級で自己最高位グリッドを獲得。

初日2度のセッションを連続して制して、フリー走行総合1番手に立ったトーマス・ルティは、1分46秒台を6回記録。0.243秒差の3番手。今季4度目の1列目に進出すれば、フリー走行総合5番手のアンドレア・イアンノーネは、1分46秒台を1回記録して、0.290秒差の4番手。

通算150戦目を迎えるシモーネ・コルシは、0.629秒差の5番手。フリー走行3を制して総合2番手に進出したスコット・レディングは、ドミニケ・エジャーターに続く7番手。トニ・エリアス、エステベ・ラバット、アレックス・デ・アンジェリスがトップ10入り。負傷代役のジョルディ・トーレスは、フリー走行総合18番手から11番手に浮上。

フリー走行総合15番手の中上貴晶は、リカルド・カルドゥスに後方から接触を受けたが、1.088秒差の12番手に位置。フリー走行総合25番手の高橋裕紀は、1.656秒差の22番手。

フリー走行3で転倒を喫したフリアン・シモンは、6ラップ目に週末2度目の転倒。マシンが破損したことから、コースに戻れず、5ラップ目までのタイムで17番手。フリー走行総合4番手のランク・クルメンナッハは20番手だった。

TAGS Catalunya

フォトギャラリー:

Open more news

最新ニュース

  • MotoGP™
  • Moto2™
  • Moto3™
Advertising