C.コルティ、ワイルドカードで最高峰クラスに挑戦

Wednesday, 7 November 2012

BQRは、今季のラストレースにインモテックを再度投入するため、チームを結成。Moto2クラスでポールポジションと表彰台を獲得した経験があるコルティをワイルドカードで起用する。

アビンティア・レーシングは7日、最終戦バレンシアGPにクラウディオ・コルティをワイルドカードとして起用することを発表。インモテックを使用する。

CRTとして最高峰クラスに参戦するアビンティア・ブルセンスは、今季序盤にイバン・シルバが使用したインモテックを再度投入するため、スペインのブレーキメーカー、J.フアンの支援を受けて、アビンティア・レーシングを結成。

第14戦アラゴンGPまで、イタリトランス・レーシングからMoto2クラスに参戦していた25歳のイタリア人ライダーは、現在ランキング13位。第4戦フランスGPで自己最高位の2位に進出。協力関係に終止符を打った後、スーパーバイク世界選手権の最終戦ポルティマオ・ラウンドに参戦して、レース1で9位、レース2で12位に進出していた。

「アビンティア・ブルセンスと一緒に、J.フアンの支援を受けてMotoGPクラスに参戦することは、グレートなニュース。今シーズンは簡単ではなかったけど、このような形でシーズンを締め括れることは、みんなの努力のおかげ。この機会がもらえたことがすごく嬉しい。」

「最高峰クラスへの挑戦だから、困難なことは自覚しているけど、それだけにモチベーションが高い。ベストを尽くす」と、意気込みを語った。

ビデオ:

See all videos for this event

フォトギャラリー:

Open more news

最新ニュース

  • MotoGP™
  • Moto2™
  • Moto3™
続きを読む »
Advertising