ロッシ&ヘイデンは9番手と10番手

Saturday, 13 October 2012

初日に好発進したロッシは、今季3度目の2列目を逃したが、コンスタントなリズムに自信を見せ、クリアーラップが取れなかったヘイデンは、今季4度目の4列目から決勝レースを迎える。

ドゥカティ・チームのバレンティーノ・ロッシは、第15戦日本GPの公式予選で9番時計。ニッキー・ヘイデンは10番時計を記録した。

今季のベストスタートとなった初日総合5番手のロッシは、フリー走行3で0.849秒差の8番手。公式予選では、1.007秒差の9番手に後退。明日の決勝レースを3列目から迎える。

「9番手は、2列目からのスタートを期待していたから、確かにグレートではないけど、良い仕事をしたと思う。セッション毎に良くなり、予選中にも良い進歩を果たした。ナイスなラップタイム。昨年よりもコンマ5秒速くなったけど、上位に進出するには十分ではなかった。」

「とにかく、まともなリズムで、コンスタントだったことはポジティブ。明日はそれが十分か、ポジションを上げられるか見てみよう。気温次第だけど、タイヤを選ばなければいけない」と、仕事の成果に手応えを得ていた。

初日総合10番手のヘイデンは、午前のプラクティスで1.448秒差の10番手。午後の予選では、1.492秒差の10番手。決勝レースを4列目から迎える。

「今日は昨日より、本当に簡単ではなかった。予選の最初に問題があり、グッドなリズムを掴めなかったけど、ソフトタイヤを履き始めたら、グリップが良くなり、バイクが良くなって行くのを感じた。終盤、フロントのチャタリングが大きく、ベストラップを含めて、それがブレーキとなった。」

「ラストランの時には、黄旗が振られてしまった。グッドなラップをマークできなかったのは不運だったけど、チームは懸命に働き、明日は良くなり、まともなレースになることを期待する」と、前向きな姿勢を崩さなかった。

フォトギャラリー:

Open more news

最新ニュース

  • MotoGP™
  • Moto2™
  • Moto3™
Advertising