ブルセンス・アビンティア、元王者エリアスを指名

Moto2™ is powered by
Friday, 26 October 2012

2009年から積極的にMoto2クラスへの参戦に向けて活動を展開しているBQRは、参戦4年目の来季に向けて、マシンをカレックスに変更することを決断。ライダーには、初代王者のエリアスを指名した。

ブルセンス・アビンティアは26日、2013年シーズンにトニ・エリアスを起用。マシンをカレックスに変更することを発表した。

Moto2クラス1年目にバーニングブラッド製の車体を独自に調整した後、2年目からFTRを使用。3年目の今季は、第2戦スペインGPからシューターに切り替え、4年目の来季は、カレックスに変更することを決断。

第9戦イタリアGP後、所属していたマプフレ・アスパルから合意の下で自由契約となったエリアスは、イタリトランスから終盤4戦に参戦することで合意。第15戦日本GPから希望していたカレックスを走らせると、来季はイタリトランスに移籍するフリアン・シモンと入れ替わる形で、カレックスを継続的に走らせることが決まった。

ビデオ:

See all videos for this event

フォトギャラリー:

Open more news

最新ニュース

  • MotoGP™
  • Moto2™
  • Moto3™
Advertising