フリー走行3:P.エスパルガロが3連続の1番時計

Moto2™ is powered by
Saturday, 16 June 2012

初日に2度のセッションを連続して制したエスパルガロが週末3度目の1番時計を記録。初日総合2番手のレディングがコンマ9秒差の2番手を維持。ザルコ、スミス、イアンノーネが続き、ルティが6番手。初日総合25番手の中上が9番手に浮上。マルケスと高橋は転倒を喫した。

第6戦イギリスGPのフリー走行3は16日、シルバーストーンで行われ、ポル・エスパルガロがトップタイムをマーク。3度のフリー走行を制した。

気温13度。路面温度14度。セッション開始から10分後ににわか雨が降り、約20分間ボックス中での待機を強いられた中、初日2度のフリー走行で連続して制したエスパルガロは、2分08秒台を2回記録。2分08秒340を刻み、中量級で初めて1番時計を3連発。第3戦フランスGPに続き、フリー走行総合を制した。

初日総合2番手に進出したスコット・レディングは、2分09秒台を2回記録して、0.964秒差の2番手を維持。

初日総合5番手のヨハン・ザルコは、2分09秒台を1回記録。1.416秒差の3番手に浮上すれば、初日総合3番手のブラドリー・スミス、初日総合9番手のアンドレア・イアンノーネ、初日総合19番手のトーマス・ルティまでが2分09秒台に進出。

初日総合16番手のドミニケ・エジャーターは、2.110秒差の7番手。シモーネ・コルシ、中上貴晶、アクセル・ポンスがトップ10入り。

初日総合27番手の高橋裕紀は、転倒が影響して6.496秒差の29番手。

初日総合4番手のマルク・マルケスは、5ラップ目に濡れた路面に滑らせて、12.030秒差の最下位後34番手だった。

フォトギャラリー:

Open more news

最新ニュース

  • MotoGP™
  • Moto2™
  • Moto3™
Advertising