フリー走行3:S.コルテセが2連続の1番時計

Saturday, 16 June 2012

フリー走行2を制して初日総合1番手に立ったポイントリーダーのコルテセが週末2度目の1番時計を記録。初日総合5番手のビニャーレスが2番手に浮上すれば、転倒を喫したオリベイラが3番手。マスボー、ケントが続き、初日総合2番手のバスケスは11番手に後退。初日総合30番手の藤井は最後尾の35番手だった。

第6戦イギリスGPのフリー走行3は16日、シルバーストーンで行われ、サンドロ・コルテセがトップタイムをマーク。3度のフリー走行を制した。

気温13度。路面温度14度ドライコンディションの中、フリー走行2で制して初日総合トップに立ったサンドロ・コルテセは、2分18秒台を3回、2分17秒台を3回記録。2分17秒835の1番時計を刻んだ。

初日総合5番手のマーベリック・ビニャーレスは、2分18秒台を5回記録して、0.187秒差の2番手に浮上。

初日総合14番手だったミゲール・オリベイラは、転倒を喫したが、2分18秒台を3回記録。0.373秒差の3番手にジャンプアップすれば初日総合10番手のアレックス・マスボーは、2分18秒台を3回記録。0.456秒差の4番手に入った。

フリー走行1を制した初日総合6番手のダニー・ケントは、2分18秒台を3回記録して、0.570秒差の5番手。転倒を喫したアレックス・リンスとルイス・ロッシ、ダニー・ウェッブが続き、初日総合3番手のロマーノ・フェナティは1.259秒差の9番手。ルイス・サロンがトップ10入り。

初日総合2番手に進出したエフレン・バエスケスは、1.623秒差の11番手に後退。

初日総合30番手の藤井謙汰は、2分23秒台を1回記録して、6.001秒差の最後尾35番手だった。

フォトギャラリー:

Open more news

最新ニュース

  • MotoGP™
  • Moto2™
  • Moto3™
Advertising