公式予選:A.バウティスタが最高峰クラスで初のポールポジションを獲得

Saturday, 16 June 2012

セッション終了8分前に雨が降り始め、フリー走行総合5番手のバウティスタが最速ラップをマーク。最高峰クラスで初のポールジションを獲得すれば、フリー走行総合3番手のスピースがコンマ1秒差の2番手に進出。ストーナー、ロレンソ、ペドロサが続き、転倒を喫したロッシは2.1秒差の10番手。フリー走行3で転倒したクラッチローは欠場した。

第6戦イギリスGPの公式予選は16日、シルバーストーンで行われ、アルバロ・バウティスタがトップタイムをマーク。ポールポジションを奪取した。

気温17度。路面温度21度のドライコンディションの中、フリー走行総合5番手のバウティスタは、雨が降り始るラスト8分前に、2分04秒台を5回、2分03秒台を1回記録。2分03秒303の1番時計を刻み、250ccクラスに参戦していた2009年5月の第5戦イタリアGP以来となるトップグリッドを獲得。

フリー走行総合3番手のベン・スピースは、2分03秒台を2回記録。0.106秒差の2番手に入り、今季初の1列目を獲得。

午前中のフリー走行3で週末2度目のトップタイムをマークして、フリー走行総合1番手に立ったケーシー・ストーナーは、2分04秒台を3回、2分02秒台を2回記録。0.120秒差の3番手で4戦連続5度目の1列目を確保し、BMW・M・アワードの首位を堅守。

フリー走行総合2番手のホルヘ・ロレンソは、2分04秒台を最多の6回、2分02秒台を3回記録。0.460秒差の4番手に入り、フリー走行総合6番手のダニ・ペドロサは、2分04秒台を5回、2分02秒台を3回記録して、0.532秒差の5番手。エクトル・バルベラ、ニッキー・ヘイデン、アンドレア・ドビツィオーソが続いた。

フリー走行3で左手を強打したフリー走行総合8番手のステファン・ブラドルは、2分05秒台を6回記録。1.732秒差の9番手。

フリー走行総合11番手のバレンティーノ・ロッシは、7ラップ目に転倒。2.113秒差の10番手で、4戦連続の3列目を逃した。

フリー走行総合13番手のアレックス・エスパルガロは、CRT勢の最高位となる2.980秒差の11番手だった。

フリー走行総合9番手のカル・クラッチローは、フリー走行3で転倒した際に左足首を強打したことから精密検査を受けるため、公式予選を欠場した。

フォトギャラリー:

Open more news

最新ニュース

  • MotoGP™
  • Moto2™
  • Moto3™
Advertising