ウォームアップ走行:L.ロッシがキャリア初の最速ラップ

Sunday, 17 June 2012

ルマンで初優勝を飾ったロッシが、今度はキャリア初の1番時計を記録。地元出身のケント、ポイントリーダーのコルテセ、ポールポジションのビニャーレスが続き、30番グリッドの藤井は4.7秒差の34番手だった。

第6戦イギリスGPのウォームアップ走行は17日、シルバーストーンで行われ、ルイス・ロッシがトップタイムをマークした。

気温15度。路面温度22度ドライコンディションの中、7番グリッドのロッシは、2分16秒台を3回記録。2分16秒730の1番時計を刻み、キャリアで初めてセッションを制した。

5番グリッドのダニー・ケントは、2分17秒台を3回、2分16秒台を1回記録。0.255秒差の2番手に浮上すると、4番グリッドのサンドロ・コルテセは、2分17秒台を3回、2分16秒台を1回記録。0.248秒差の3番手に進出。

ポールポジションのマーベリック・ビニャーレスは、2分17秒台を6回記録。0.366秒差の4番手に入り、ミゲール・オリベイラ、アレックス・マスボー、エフレン・バスケス、ルイス・サロン、アレックス・リンス、ロマーノ・フェナティがトップ10入り。

30番グリッドの藤井謙汰は、4.719秒差の34番手だった。

ビデオ:

See all videos for this event

フォトギャラリー:

Open more news

最新ニュース

  • MotoGP™
  • Moto2™
  • Moto3™
Advertising